autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型 V40 T5 R-DESIGN 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2013/4/23 10:44

ボルボ 新型 V40 T5 R-DESIGN 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: ボルボ V40 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部・ボルボ カーズ ジャパン
ボルボ 新型 V40 T5 R-DESIGN 試乗レポート/岡本幸一郎

V40の際立つ個性をより鮮明にしたR-DESIGN

ボルボ V40 T5 R-DESIGNボルボ V40 T5 R-DESIGN

スラントしたノーズと、それに続くフロントスクリーン、斜めに切れ上がるサイドのライン、ギュッと絞り込まれたリアと、ダイナミックなウェッジシェイプを持つボルボ V40は、コンベンショナルなハッチバック車の多いCセグメントの中でも際立つ存在感を誇る。

さらにこのR-DESIGNのエアロパーツが与えられたモデルは、より鮮明にキャラクターをアピールしている。

そしてボルボ V40 R-DESIGNには、質感の高いナッパレザーのシートが標準装備されているのが特徴。トリム類や配色などインテリアもスポーティな雰囲気に仕立てられている。

メーターは、標準の「エレガンス」モードでは水温計が表示される部分が、「エコ」モードにするとエコメーターとなり、「パフォーマンス」モードにするとタコメーターが現れ、右側はパワーゲージとなる。ここを選択しても走行性能はまったく変わらないのだが、まあ遊び心ということで…。

ボルボ車の血統を感じる、見た目以上に「使える」ユーティリティ

ボルボ V40 T5 R-DESIGN

さらに、そんなスポーティなアピアランスを持ちながら実用性も高く、室内や荷室についても十分な容量が確保されているのも、このクルマの魅力。

リアサイドウインドウは半分ぐらいしか開かないが、リアピラーに小窓があるので後席の乗員にとっても開放感があるし、オプションの広大なパノラマ・ガラスルーフの恩恵をより受けられるのも後席の乗員だ。4:6分割可倒式のリアシートに加えて、助手席の背もたれを深く前倒しすることもできるので、かなりの長尺物も積める。

安全装備については、50km/hまで作動速度域を拡大したシティセーフティや、歩行者エアバックなどが標準装備され、さらに、ヒューマンセーフティや全車速追従機能付きACCをはじめ各種先進安全装備を組み合わせた「セーフティパッケージ」が、当面は無料キャンペーンが実施されるとのことだ。

[次ページへ続く]

ボルボ V40 T5 R-DESIGNボルボ V40 T5 R-DESIGNボルボ V40 T5 R-DESIGNボルボ V40 T5 R-DESIGNボルボ V40 歩行者エアバッグシステム 動作イメージ

ボルボ V40 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V40 の関連記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円