autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ボルボの方向性と進化する安全装備/日下部保雄のコラム

自動車評論家コラム 2010/3/12 18:37

ボルボの方向性と進化する安全装備/日下部保雄のコラム

関連: ボルボ Text:
ボルボの方向性と進化する安全装備/日下部保雄のコラム

トヨタのリコール騒ぎに隠れてしまった感があるが、フォード傘下のボルボ・カーズを巡る方向性が見えてきた。ボルボは、予想どうり中国の吉利汽車(ジーリー)の親会社、浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)に買収されたのだ。

もともと吉利汽車はボルボの買収に当たって現行体制を維持するとしていたので、当面何も変らないだろうしボルボはボルボであり続ける。

現に、ボルボといえば「安全」というデバイスに対しては常に貪欲だし、新型車も既定路線に従って登場している。ジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たし、来年に日本でもデビューするS60に搭載される新しい安全装備が「歩行者検知機能つきフルオートブレーキシステム」だ。

昨年は、XC60にシティ・セーフティという低速時の追突軽減を図るシステムが全車に標準装備されたが、それに追加する形で歩行者保護を図れることは、いかにもボルボらしい。

シティ・セーフティは、レーザーセンサーで障害物を検知して30km/h以下で衝突が避けられない場合に自動的にブレーキをかけるシステムだ。

15km/hまでなら同システムにより車を停止させることができ、30km/hまででも衝突事故を軽減することができる。追突事故の大半が、低速でのわき見運転などのケースが多いことを考えると、「歩行者検知機能つきフルオートブレーキシステム」は、いざという時にはかなり有効に働くだろう。

ナンバープレートやリフレクターを検知しているので絶対とはいえないが、救えるものは大きい。

さらに同システムでは単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせており、その両方の探知可能範囲で歩行者が現れたときに、35km/h以下ならフルブレーキで停止することができる。

ボルボの発表では、25km/h以下だと致死率は半減するということで、例えば不幸にも接触してしまっても速度を落とすことさえ出来れば、致死率を下げられることになる。

実際のテストは試験車両で地下駐車場で行われた。

「ボブ君」と呼ばれるダミー人形は、どうやらスウェーデン人らしく背が高い。

彼はカジュアルな格好でシステムの備わったXC60を待ち構えている。テスト者はボブ君が迫ってくるのに構わず走り続ける。速度は25km/hぐらい。

ご存知のように、地下駐車場は低ミュー路のため初速度を下げている。ボブ君は、ボルボの接近に気づき悲鳴を上げそうになった(ように見える)が「歩行者検知機能つきフルオートブレーキシステム」はフルブレーキをかけて寸前で停車した。

25km/h、と言っても傍で見ていると結構速いもので、ボブ君の無事を祈ってしまった。ボクにはとてもボブ君の代わりを勤める自信はない。

このシステムも止まれることを完全に保障するものではないが、ドライバーのウッカリで起こる事故をかなり低減してくれ、各社で導入されれば世の中はもっと安全になるだろう。

来年登場するはずのS60には、シティ・セーフティに加えてオプションでこの歩行者検知機能つきフルオートブレーキシステムを備えることが出来ると言う。

これらはかなりコストが安くなっているとは言うものの、やっぱりセンサー類は高価だ。普及することによってコストが抑えられてさらに広まるのが世の中の流れ。

来年、S60の購入を考えている人は是非このシステムを装備して安全デバイスの普及に貢献して欲しい。人任せなのは我ながら不甲斐ないけど・・・。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ の関連記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連記事をもっと見る

ボルボ の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円