autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム リスクも承知!ボルボとフォードが“完全自動運転”という「ギャンブル」をする理由 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/8/25 18:07

リスクも承知!ボルボとフォードが“完全自動運転”という「ギャンブル」をする理由(2/3)

リスクも承知!ボルボとフォードが“完全自動運転”という「ギャンブル」をする理由

完全自動運転、なぜ「今でしょ!」なのか?

リフトと提携した米GM

では、どうして今年になって、完全自動運転に関する大きな動きが起こっているのか。

その裏には、「自動車産業界における史上空前の大変革」がある。ガソリン量産車が誕生してから、今年で133年目。その間、大量生産、排気ガス規制対応、ハイブリッド車、電気自動車、カーナビゲーションなど、様々な技術革新が行われてきた。

だが、2016年時点で自動車産業界が直面している変革は、単なる「クルマ自体の技術変化」ではなく、「クルマのあり方の変化」に直結している。

その筆頭が、アメリカで生まれて世界的な社会トレンドとして急成長しているライドシェアだ。「いわゆる白タク」であるライドシェアは、日本だけでなく、アメリカの多くの州や欧州で、未だに「違法行為」であり、実施できない場合が多い。それにも関わらず、市場から「是非、使いたい」という声が多く、ウーバーやリフトなど巨大ビジネスリーダーが出現してしまった。

そうした現実に対して、多くの自動車メーカーは「目を反らそう」としている。

世界ビッグ3は「あと一歩」が踏みきれない

フォードが目指す完全自動運転テストカー

それに対して、フォードとボルボは、完全自動運転との融合によって、ライドシェアを次世代ビジネスとして「取り入れよう」ということだ。

この点について、世界ビッグ3であるトヨタ、VW、GMはそれぞれ、ライドシェア大手との協業を発表しているが、様々な「しがらみ」のなかで、「あと一歩」が踏みきれていないのが実情だ。しかも、世界ビッグ3は、完全自動運転の早期実用化を明言していない。

こうして、世界ビッグ3がもじもじしながら「動きたくても動けない」うちに、ドカ~ンと大きく前進することが、フォードとボルボにとっての最大のメリットなのだ。リスクを承知で、大きな「賭け」に出て、仮に成功すれば「自動車業界体制を根底からひっくり返す」結果につながるかもしれないという発想だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ の関連記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連記事をもっと見る

ボルボ の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円