autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型S60 試乗レポート/松下宏 3ページ目

試乗レポート 2011/2/21 17:55

ボルボ 新型S60 試乗レポート/松下宏(3/3)

関連: ボルボ S60 Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
ボルボ 新型S60 試乗レポート/松下宏

ボルボらしからぬスポーティな走り

ボルボ 新型S60ボルボ 新型S60

新型S60に試乗して感じたのは、ボルボとは思えないようなダイナミックな走りが可能なスポーティなクルマに仕上がっていることだ。

電子制御パワーステアリングはギア比が10%ほどクイック化されるとともに、ワインディングを走るときなどはDSTC(横滑り防止装置)の中に含まれるコーナー・トラクション・コントロールの機能が介入し、トルクベクトルを調整して滑らかなコーナリングを実現する。

走り出してすぐのときにはシャープなステアリングレスポンスに驚かされたほどで、ワインディングのタイトなコーナーも気持ち良く駆け抜けていくことが可能。ボルボらしからぬスポーティさが味わえる。

このステアリングフィールは3段階に調整できるので、好みの味付けに変えて走れば良い。S60のDSTCはさまざまな機能が盛り込まれた最新の仕様で、コーナー・トラクション・コントロールのほかにも、安全運転を助ける機能がいろいろと用意されている。

またノーマルモードとスポーツモードを切り換えることもできる。スポーツモードを選べばテールスライドを許容するようになるという。

競合車に対し割安感のある価格設定

ボルボ 新型S60ボルボ 新型S60

S60のラインナップはDRIVe、T6AWDSE、T6AWDRデザインの3グレード。

ベースグレードのDRIVeには375万円の価格が設定されていて、Cクラス、3シリーズ、A4などのライバル車に比べてはっきりと割安。

実際に購入するときにはセーフティ・パッケージとナビゲーション・パッケージ(それぞれ25万円)を装着することになるが、425万円で比較しても十分に安い。

T6AWDSEは519万円で、アウディA42.0Tクワトロと1万円の差。

モデルの新しさ、装備の中身などを含めて考えると、今回のS60のほうが相当に買い得な印象になる。

4WD同士で排気量が2.0Lと3.0Lという違いがあるのに、ほぼ同価格にぶつけたのは、ボルボがアウディを相当に意識していることを示している。

筆者: 松下 宏

ボルボ S60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ S60 の関連記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連記事をもっと見る

ボルボ S60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24