autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型S60/V60 R-DESIGN [2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏

試乗レポート 2013/10/25 10:52

ボルボ 新型S60/V60 R-DESIGN [2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏(1/3)

関連: ボルボ S60 , ボルボ V60 Text: 今井 優杏 Photo: 島村栄二
ボルボ 新型S60/V60 R-DESIGN [2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏

変更点は4,000箇所以上にのぼる過去最大規模のモデルイヤーチェンジを実施

ボルボ S60 T4 R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:クリスタルホワイトパール

ボルボが一般発売に先駆けて報道陣に公開したのは、なんとビックリ、ただのモデルイヤーチェンジだった!

とか書いちゃうとちょっと挑発的だけど、新しいイヤーモデルを持ってきて試乗会をするなんて、ボルボに限ったことではなく、かなり珍しい現象だと思う。

先にちょっと説明しておくと、モデルイヤー制度というのは一年ごとに改良を加え、どんどんモデルの完成度を上げていくというシステムのこと。よく試乗記で『モデル後期で熟成された仕上がり……云々』とかいうのをご覧になった諸兄もいらっしゃると思うけど、確かにこのモデルイヤー制度を採用しているメーカーでは、フルモデルチェンジ直前の最終モデルが最も完成度が高いモデル、ということに実質なってしまう。

でもまぁそこまで危惧することなかれ、通常モデルイヤーはそんなに大した変更がなされるわけじゃない。

輸入車において、よくある変更と言えばフェイスリフトと呼ばれる外観処理と、ナビゲーションに関することなんかが多くって、ダッシュボード周辺に不格好に生える後付けナビだったのが、埋め込みのビルトイン設計ナビにスッキリ統合されたりはする。好調すぎる販売に後押しされて、まだ夏の暑いさなかに前倒しで2014年イヤーモデルを導入してきた同社のV40が、まさにそんな感じのモデルイヤーチェンジだった。

ボルボ S60 T4 R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:クリスタルホワイトパールボルボ S60 T4 R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:クリスタルホワイトパールボルボ S60 T4 R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:クリスタルホワイトパールボルボ S60 T4 R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:クリスタルホワイトパールボルボ S60 T4 R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:クリスタルホワイトパール
ボルボ V60 T6 AWD R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:レーベルブルー(R-DESIGN専用色)ボルボ V60 T6 AWD R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:レーベルブルー(R-DESIGN専用色)ボルボ V60 T6 AWD R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:レーベルブルー(R-DESIGN専用色)ボルボ V60 T6 AWD R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:レーベルブルー(R-DESIGN専用色)ボルボ V60 T6 AWD R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:レーベルブルー(R-DESIGN専用色)

しかしそれだってプレス向けに試乗会を行うほどじゃない。

だから試乗会を開いたということは、それ相当の変更がなされたということの裏付けにもなるということだ。

フェイスリフトは実に全8モデル中6モデルであるS60・V60・XC60・V70・XC70・S80に及び、発表された変更箇所は過去最大規模で、なんと外観の変更を含む4,000以上、2010年よりプロジェクトをスタートさせていたというから、こりゃもうビッグマイナーチェンジと言ってもいいのかもしれない。

◎関連記事を併せてチェック!

ボルボ V60・XC60[2014年マイナーチェンジモデル]試乗レポート(2013/9/18掲載)

ボルボ 新型「S60」「V70」[2014年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート(2013/8/27掲載)

ボルボ V60 T6 AWD R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:レーベルブルー(R-DESIGN専用色)ボルボ S60 T6 AWD R-DESIGN [2014年モデル] ボディカラー:レーベルブルー(R-DESIGN専用色)

なお、ニュースになるくらいのモデルイヤーチェンジの最大のトピックスは以下。

・先日発表された『サイクリスト検知機能』をヒューマンセーフティー(セーフティーパッケージオプション)に追加

・ヘッドランプは形状が変更されただけでなく、常にハイビームで前方を照らしながらも、対向車のヘッドライトや前車のテールランプをカメラセンサーで検知して、対象物のみロービームにし、まぶしさを低減しつつ広くて明るい視界を確保する『フル・アクティブ・ハイビーム』を採用

・ベースグレード以外すべてにパドルシフトを採用

なんだか安全面も走り面も双方ガッツリ網羅してくれちゃってるではないか! これらに加えてインテリアとエクステリアの大幅な刷新がなされている。

ボルボ S60/V60 R-DESIGN [2014年モデル]

しかもその大幅に改良された60シリーズに、今回待望の上級&美系スポーティーグレードR-DESIGN(アールデザイン)が設定された(ちなみにこの“R”、レーシングのRではなくRefinement、洗練とか優雅、風雅という意味を持つ。乗ればなるほど納得の高い質感だ)。 ボルボの2014年モデルはちょっと、いやだいぶ買い時がやって来ているのだ。

ボルボ S60 関連ページ

ボルボ V60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ S60 の関連記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連記事をもっと見る

ボルボ S60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円