autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ C30 海外試乗レポート

試乗レポート 2007/3/13 11:22

ボルボ C30 海外試乗レポート(1/3)

関連: ボルボ C30 Text: 河村 康彦 Photo: ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社
ボルボ C30 海外試乗レポート

若い顧客層へアピールする“エントリー・ボルボ”

「活動的な人々のためのクールなクルマ」、「若さ溢れるダイナミックな人々のための“あなただけのボルボ車”」――そんなフレーズで紹介されるブランニュー・モデルが、2006年秋に開催のパリモーターショーで初披露された『ボルボC30』だ。

このモデルの注目点は単にボルボのニューモデル、というだけには留まらない。というのも、これまではとかくプレミアムなファミリーカーというキャラクターばかりが目立ったボルボ車にとって、これは「初めて2ドア・プレミアムカー・セグメントに参入するモデル」でもあるため。そう、C30の投入によってこれまでのボルボ・ラインナップでは望めなかった若い顧客層を開拓し、後にそうした人々を自らのアッパーモデル・ラインナップへと誘おうというシナリオに基づき、文字通りの“エントリー・ボルボ”としての役割が期待されるのもこのモデルなのである。

全長×全幅×全高が4,252×1,782×1,447mmと、いわゆる2BOXハッチバックのボディとしてはやや大きめサイズの持ち主であるC30。そんなこのモデルのハードウェア上のベースは、すでにお馴染みのS40/V50シリーズ。それゆえ、搭載されるパワーパックもすでにそうしたモデルに積まれて定評あるもの。

フロントフード下に横置きマウントされるのは、S40/V50のそれと同一アイテムという直列4気筒、もしくは5気筒という6種類のガソリンと4種類のディーゼルエンジン。日本には恐らくまず、5気筒のターボ付きガソリンエンジン搭載仕様が導入されると目される。ちなみに、2007年の夏からの発売予定という日本仕様車が搭載するパワーパックは「S40/V50の場合に準じたユニット」との事。となると、まずは5気筒エンジン+ATという仕様から導入となる可能性濃厚だ。

ところで、そんなC30にはもう一点、他のボルボのラインナップとは興味深い見逃せない相違点がある。それは「アメリカでの販売比率の予想値はおよそ10%」と、そのパーセンテージが他のボルボ車に比べて極端に低く見積もられている事。すなわちそれは、開発過程でもアメリカからの要求がかなり限定的であった事を示唆するもの。言ってみれば「およそ75%に達すると想定されるヨーロッパの市場向けに特化した、割り切りのパッケージング・デザインを採用したのがC30」と考えられるものでもある。

ボルボ C30 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ C30 の関連記事

ボルボ C30の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ C30 の関連記事をもっと見る

ボルボ C30 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20