autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン e-up![2014年中 日本導入の電気自動車] 国内初試乗レポート/国沢光宏

試乗レポート 2014/5/22 19:31

フォルクスワーゲン e-up![2014年中 日本導入の電気自動車] 国内初試乗レポート/国沢光宏(1/3)

関連: フォルクスワーゲン up! Text: 国沢 光宏 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン e-up![2014年中 日本導入の電気自動車] 国内初試乗レポート/国沢光宏

滑らかな走りを得て、より上質になった「VW up!」の進化形

フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]

フォルクスワーゲンの「e-up!」(イー・アップ)、今や珍しくもない電気自動車なので、前置き無しに試乗と行きましょう。

起動は「日産 リーフ」のような『スタートボタン』でなく、ステアリングコラム横にあるムカシながらのキーをセルスタートのように捻るタイプ。コーションランプ点灯の後、全て消えれば準備完了。続いてガソリン車と同じカタチをしたセレクトレバーをDに入れればOK。

フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/欧州仕様モデル]

アクセル踏み込むと、当然の如く超滑らかに走り出す。ガソリンエンジンの「フォルクスワーゲン up!」は日本人に評判イマイチのロボタイズATなので、渋滞など低速走行が苦手。ギクシャクしたり、アクセル踏んでから加速するまでタイムラグある。e-up!ときたら全てが自然。走り出した直後から「いいね!」したくなっちゃうほど。何の違和感も無し!

滑らかに走ってくれればup!って使い勝手最高です。ボクシーかつスクエアなボディ形状持つため見切りよく、コンパクトなボディサイズなので狭い日本でもミズスマシのようにすいすい走れちゃう。改めてup!の魅力に気づいたほど。小さいながらリアにドア付く5ドアハッチバック。街中用の電気自動車として考えればちょうど良いサイズかもしれません。

[次ページへ続く]

フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン up! の関連記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円