autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/桂伸一

試乗レポート 2013/10/28 18:49

フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/桂伸一(1/2)

フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/桂伸一

2013年9月に「フランクフルトモーターショー2013」が開催。その際フォルクスワーゲンは、「e-up!」や、「e-Golf」(量産を前提にしたゼロエミッション車)、新型「ゴルフ R」、コンセプトカー「ゴルフ スポーツバン」を公開した。

中でも注目は、フォルクスワーゲン初の量産型EV「e-up!」。欧州では同時に発売も開始されたモデルだが、果たしてモータージャーナリストで、現役のレーシングドライバーも務める桂伸一にはどのように写ったのか!?

量産化で先行する日本のEVの牙城を超えるべく、欧米はしたたかに狙って来る

VW e-up!VW e-up!

フォルクスワーゲンがIAAフランクフルト・モーターショーで「eモビリティ」に乗せてくれるという。各国で人数制限があるというので、日本のフォルクスワーゲン広報の力を借りて名を連ねた。

ショー会場の広大な敷地内には試乗施設も用意されているが、その一部にハイブリッド、PHVと、間もなく発売されるEVモデルを集めたフォルクスワーゲングループの試乗基地があった。アウディ「A3 eトロン」、ポルシェ「パナメーラ・ハイブリッド」は、すでに海外試乗記がレポートされている。

注目は本邦初の『e-up!』である。

ともかく乗り込み、エンジン車のようにギヤをセレクトしてアクセルON。スルスルと滑るようにスタートしたe-up!に衝撃を受けないモノはいない。それは、“無音の衝撃”なのである。試乗会場を出て市街地から、100km/h以上出せるバイパスを通り、試乗基地に戻る20数キロのコースを走っているときに感じたことだ。市街地では街の雑踏が鮮明に聞こえ、高速ではタイヤからのロードノイズだけが聞こえてくる。

VW e-up!

・・日本がけしてあぐらをかいている訳ではないが、すでに量産化で先行する日本のEVの牙城を超えるべく、欧米はしたたかに狙って来る。

昨年、EVのゴルフ7テスト車に乗った時は、まだそれほどではなかった。すでにハイブリッドもEVも経験している我々からひと言突っ込む余地もあった。・・ところが。

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン up! の関連記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円