autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/川端由美 3ページ目

試乗レポート 2013/10/11 16:23

フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/川端由美(3/3)

関連: フォルクスワーゲン up! Text: 川端 由美 Photo: フォルクスワーゲンAG
フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/川端由美

3段階の回生調節で、マニュアルで変速しているような気分になれる!

フォルクスワーゲン e-up!フォルクスワーゲン e-up!

とはいえ、EUモードで走行可能な距離が最大160kmと聞くと、電費も気になる。ある程度スピードがのった段階で、シフトレバーの近くにある「eco」と書かれたボタンを押して最高出力50kw/最大トルク167Nmに絞って走る。さらに、もう一回押せば、「eco+」モードになって、出力は40kW/133Nmまで絞られる。当然、最高速もノーマルの130km/hから、ecoモードでは120km/hに制限される。なお、、eco+モードはどうしても走行距離を伸ばしたいときのエマージェンシーと考えるべきだろう。というのも、最高速は95km/hに抑えられて、エアコン・レスになるほどの徹底したエコ走行だからだ。

欧州では珍しいことに、今回の試乗コースは信号機が多く、ストップ&ゴーの連続だった。さすがに日本市場も意識しているというだけあって、「e-up!」はこの点でも抜かりがない。赤信号が目に入ったときには、ブレーキを踏むのではなく、シフトレバーを手前に倒してBモードに入れると、減速Gが最大になり、最大で40kW(100km/h時)ものエネルギー回生が可能だ。つまり、従来のブレーキでは熱として捨てていたエネルギーを、電気的に回生して再利用する仕組みがかなり細やかに備わっている、というわけだ。

面白いのはここからだ。回生を強めて低電費走行をするなんてことは日本車メーカーもすでにやっている。e-up!が面白いのは、Bモードほどではないものの、シフトヘッドを左に傾ければ3段階で回生を強めることができる点だ。単に低電費を狙うのではなく、擬似的に変速をすることで、マニュアルで変速しているような気分になれる。

アクセルやブレーキなどの操作ではエコランを意識しつつ、しっかり流れに乗って加速をして、113kmを走った結果の電費は11.1kW/100km。計算すると、18.7Whのリチウムイオン電池を使い切れば、168km走ることができる。今回のエコランで最も優秀な電費を叩きだしたオーストリアのジャーナリストの9.3kW/100kmで換算すれば、200km以上もの走行が可能という計算になる。

e-up!はチャデモ採用するのか?

フォルクスワーゲン e-up!フォルクスワーゲン e-up!

巡行距離の次に気になるのは充電時間。ヨーロッパで一般的な200V電源で9時間、3.6kWでの入力が可能なウォールボックス型なら7時間でフル充電できる。

欧米が推奨するコンボ方式による急速充電にも対応し、30分で80%まで充電ができる。日本でも来年には発売されることが決まっているが、日本のチャデモ方式への対応をするかどうかが販売の行方を占う鍵になるだろう。というのも、BMW「i3」やテスラ「モデルS」は、日本仕様車ではチャデモ方式の採用を明言しているからだ。

世界的にも、日本の急速充電器の設置数は群を抜いており、コンボはまだ運用実績が乏しいのに対し、チャデモはかなり実績もある。こと日本国内に関しては、チャデモ方式に対応して利用する方が懸命との判断だ。

正直なところ、まだエンジン車と比べたら割高だし、走行距離も160kmでは心もとない。とはいえ、2018年までに世界最大の自動車メーカーを目指すと公言するフォルクスワーゲンが、小さなup!で電化に向かって大きな一歩を踏み出したことは自動車業界にとって重要な変化だ。そしてなによりも、「e-up!」をドライブして、エンジン車とは違ったドライビング・プレジャーを感じられたことが嬉しかった。

筆者: 川端 由美

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン up! の関連記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円