autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/川端由美 2ページ目

試乗レポート 2013/10/11 16:23

フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/川端由美(2/3)

関連: フォルクスワーゲン up! Text: 川端 由美 Photo: フォルクスワーゲンAG
フォルクスワーゲン e-up! 海外試乗レポート/川端由美

「up!」には変速のギクシャク感があったが、EV化によりシームレスな加速に

フォルクスワーゲン e-up!
フォルクスワーゲン e-up!フォルクスワーゲン e-up!

ある程度、お金の目処がたったところでクルマ本来の魅力に迫ろう。全長3.54mと、軽自動車より短いボディに、大人4人がちゃんと乗れて、荷室も確保されているという実用性の高さはエンジン車の「up!」となんら変わらない。230kgもの総重量があるリチウムイオン電池をフロア下に低く搭載し、”エンジン”ルームにモーターとパワーエレクトロニクスを搭載することで、EV化による居住空間や荷室への影響は微塵もない。

そして、私がヒトメボレした外観には一層の磨きがかかっている。パッと見てわかるのは、青く縁取られたVWのバッジとグリル周りの空気の取り入れ口が塞がれてLEDで縁どりされている点だ。ドイツでは古くから「ブルーエンジェル」というエコマークがあり、エコ=ブルーなのだ。バンパーやフェンダーの形状を採用し、フロア裏に清流のためのパネルを追加するなど、空力を重視した設計が施されている。見ているこちらも、「e-up!」と同じようにニンマリした顔になってくる。

Dレンジに入れて、アクセルにのせた右足にじわっと力を入れる。モーターの最大出力60kWは目を見開くほどの値ではないが、発進時に最大トルクを発揮できるというモーターの特性上、低速域でも210Nmの最大トルクが瞬時に発揮できるのは特筆に値する。また、日本に導入されている「up!」では、AMTが標準装備されてしまうため、変速のギクシャク感が否めなかった。その点、EVならシームレスな加速は得意中の得意。0−60km/hを4.9秒でこなす俊足ぶりだ。

エンジン車の「up!」とはひと味違う力強さを感じ

フォルクスワーゲン e-up!

あまりにも気持ちよく加速していると、燃費が多少気になってくる。ドイツではアウトバーン無制限のイメージが強いが、市街地は30〜50km/hの制限があるので飛ばせない。事故防止もあるが、騒音防止の意味合いも強い。街中を縫うように走る道では、EVの静粛性の高さは歓迎されそうだ。

一方で、街を抜けた途端に70km/h以上に制限速度が高められる。燃費を重視するなら、40〜60km/h辺りで速度を保って走りたいところだが、制限速度付近まで加速しないと、ドイツでは交通の流れに乗れない。グイッとアクセルを踏み込んで、追加で加速するとき、エンジン車の「up!」とはひと味違う力強さを感じた。

大聖堂で有名なケルンから試乗会のゴールであるベンスベルク城に向かう道は、アップダウンの激しい坂道が続いていた。理論上、スタート時に最大トルクを発揮できるモーターの特性を活かして、発進から210Nmの最大トルクを発揮できる。日本向けの「up!」ではAMTを採用することから、シフトアップ時に空転感が否めないが、DCブラシレスモーターをインバーターで制御する「e-up!」ではシームレスな加速が楽しめる。

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン up! の関連記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円