autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 国産コンパクトSUVにとって脅威の存在に!?「VW クロスup!」[詳細解説]

新型車解説 2015/8/18 10:50

国産コンパクトSUVにとって脅威の存在に!?「VW クロスup!」[詳細解説](1/2)

関連: フォルクスワーゲン up! Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 阿部昌也
国産コンパクトSUVにとって脅威の存在に!?「VW クロスup!」[詳細解説]

ここへきて輸入車の販売比率がアップした理由とは

日本は長年にわたり「海外メーカーに冷たい国」とされていた。

いわゆる自動車先進国は、少なくとも30%前後は海外メーカー製の輸入車を買うが、日本の場合、小型&普通乗用車の輸入車比率は7~8%と低かった。それが最近になって、輸入車比率が少しずつ高まりはじめた。2014年には日本で売られた小型&普通乗用車の11.2%が輸入車になった。

フォルクスワーゲン「cross up!」

この背景には、小さなクルマに代替えするダウンサイジングがある。

日本車では軽自動車の比率が増えて、小型&普通乗用車が減り、そこに輸入車が入り込んだ。なので軽自動車まで含めた総市場になると、相変わらず輸入車比率は6~7%だが、小型&普通乗用車に限れば10%を超えるわけだ。

とりわけ近年では、「VW(フォルクスワーゲン)ゴルフ」「メルセデス・ベンツ Cクラス」が一新され、同じメルセデス・ベンツではAクラス、GLA、CLAなども投入された。

今後はクリーンディーゼルターボがボルボ V40などに続いてVW ゴルフやVW パサートにも設定され、300~400万円前後の比較的求めやすい価格帯を中心に輸入車の勢いがさらに増しそうだ。

となれば次の段階として、輸入車はコンパクトカーの市場にも入り込むだろう。代表はVW。かつて輸入Cセグメント(ミドルサイズのハッチバック)はゴルフの独壇場だったのに、今では前述のメルセデス・ベンツ Aクラス、BMW 1シリーズ、アウディ A3などが魅力を高め、価格も割安になってユーザーを奪い合う。

VWの最上級車種は日本国内ではパサートで、BMW 3シリーズなどと競うから、コンパクトな車種を充実させた方が効率は良い。

up!がSUV風にドレスアップ

フォルクスワーゲン「cross up!」

このような市場環境も視野に入れて、2015年8月18日に「VW クロスup!」が発売された。

クロスup!は文字どおりup!をベースに開発されたSUV風の車種だ。VWのSUVには、本格的なトゥアレグとティグアンがあり、4WD専用の派生モデルとしてゴルフオールトラックを用意する。

そしてさらにドレスアップ感覚を強めたのがクロスシリーズだ。

今はクロスポロだが、以前はクロスゴルフ、クロストゥーランを販売していた時期もあり、クロスシリーズは乗用車に限りなく近いSUVシリーズとされる。

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン up! の関連記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円