autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート フォルクスワーゲン トゥアレグ ドライビングエクスペリエンス 2ページ目

イベントレポート 2009/6/5 15:20

フォルクスワーゲン トゥアレグ ドライビングエクスペリエンス(2/3)

関連: フォルクスワーゲン トゥアレグ Text: 金子 浩久 Photo: フォルクスワーゲンジャパン
フォルクスワーゲン トゥアレグ ドライビングエクスペリエンス

砂漠の中のオアシス

コースは、チュニジア中部の都市トズールからサハラ砂漠を南下し、再びトズールに戻ってくる4泊5日約800km。2名で1台の トゥアレグ V6 TDIで朝のトズールを出発するところから、ツアーは始まった。街の出入り口である立派な門を出れば、見渡す限りの砂漠だ。

ジェリド湖を左に見ながら、アルジェリア国境に向けて西進し、ネフタという小さな街を抜けたところで、舗装路を外れた。道路とワダチの中間的な道を進んで行く。信号などはもちろんなく、 交差点もない。背の低い草があちこちに生え、若干の起伏が伴う景色が地平線まで続いている。

ギアは“D”モード、最低地上高すらも“オート”モードで 最適なポジションが選択されるから、路面のギャップや凹凸に注意するぐらいで走ればいい。

それにしても、トゥアレグ V6 TDIの走りやすさ、乗り心地の優しさといったらない。舗装路から未舗装路まで、フラット路面から岩が連続して顔を出す凸凹地面まで、様々な種類と強さのショックを巧みにイナしながら、前へ前へと進んでいく。

ドゥーズから初日の目的地クサルギレンへ向かうにつれて、草木や岩石が減っていく。その分、砂ばかりの光景が少しづつ広がっている。轍も、踏み固められた土だったのが砂に変わっていった。ハンドルを通じた手応えが少し緩くなることで体感できた。

砂地のワダチに入っても、トゥアレグ V6 TDIは優れた素質を発揮し続けた。アイドリングに近い回転域から最大トルクを発揮し始めるので、停止寸前ぐらいまでスピードを落としてから再加速するようなギャップ越えでも、スムーズに加速していく。

夕暮れを過ぎて到着したクサルギレンは、砂漠の中のオアシスだっ た。ナツメ椰子が生い茂った小さな集落に泊まった。パンシー・クサルギレンという五つ星ホテルは、客室ひとつひとつが大きなテントとして敷地内に点在している。立派なレストランとバーが旅の雰囲気を盛り上げてくれる。

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事

フォルクスワーゲン トゥアレグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円