autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン トゥアレグハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2011/2/22 19:45

フォルクスワーゲン トゥアレグハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ(2/4)

フォルクスワーゲン トゥアレグハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ

質感・エコ共にハンパなく向上!

とはいえ、ひとくちにハイブリッドと言っても種類があり、これまたぶっちゃけトヨタが握っている複雑系と、ホンダや日産、メルセデスが採用しているシンプル系があり、トゥアレグは後者に属する。

簡単に言うと、エンジンとギアボックスの中に小さな電動モーターを挟み込んだもので、非常にシンプル。

ただし、その分モーターサイズは小さくなり、さらにモーター前にクラッチを設けるか否かで、EV走行(モーターのみでの走行)が出来るかなどに分かれる。

そして、肝心のトゥアレグハイブリッドはクラッチ付で、エンジンとモーターを切り離して完全なEV走行が出来るタイプ。そこまでは「日産 フーガ」と同じだが、ギアボックスにトルクコンバーター付き8速ATを採用しているところが違う。

これにより、少々重量は重くなるが、トルコンがショックを吸収するためにクラッチ断続の不快振動が減るのがメリットだ。ちなみにこれは今後発売される「ポルシェ カイエン」にも搭載される予定で、要は高級車向きのシンプルハイブリッドと考えればいいだろう。

トゥアレグハイブリッド
トゥアレグハイブリッドトゥアレグハイブリッド

ところで、新型トゥアレグで忘れちゃいけないのは「フルモデルチェンジ」であるということだ。

なんせ前作の初代トゥアレグ&カイエンが世界的に大ヒットして開発費に余裕があったからか、質感・エコ度共にハンパなく向上しているのだ。

まずボディだが、サイズは長さ4,800mm×幅1,945mm×高さ1,740mmと、初代より45mm長く、15mm幅広く、30mm高くなっている。

ところが、ボディは高張力鋼板の多用や、サスペンションコンポーネントやリアアクスルのアルミ化などで、100kg以上の軽量化が図られている。

そのほかギアボックスやオルタネーターなど細部も軽くなり、トゥアレグハイブリッドは、複雑なシステムとボディ拡大分を含めても、旧型V8比でたった10kg増。無いも同然だ。

それとボディデザインはより幅広くスポーティになっただけでなく、ややファミリー向けっぽかった丸みが減って、洗練された。

実はイタリア人デザイナー、ワルテル・デ・シルヴァがデザイン部門のトップになってからのVW車は、コイツが一番よくなったかもしれない。

やや野暮ったかったドイツ風スーツが、その機能性は残したままスタイリッシュ化したような感じだ。

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事

フォルクスワーゲン トゥアレグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円