autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン トゥアレグハイブリッド 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/7/14 11:01

フォルクスワーゲン トゥアレグハイブリッド 海外試乗レポート(2/2)

関連: フォルクスワーゲン トゥアレグ Text: 石川 真禧照 Photo: 石川真禧照/フォルクスワーゲングループジャパン
フォルクスワーゲン トゥアレグハイブリッド 海外試乗レポート

トゥアレグハイブリッドは「クルマとしての楽しさ」が残されている

トゥアレグハイブリッド

早速、トゥアレグハイブリッドを走らせてみる。

まずは「Dレンジ」でスタート、目の前のエンジン回転計の針は0を示したままで、スルスルと走り出す。モーターによるEV走行だ。

そして、メーター読みで30km/h+αになった時にエンジンが始動した。V6エンジンはこれまでのトゥアレグと同じく、レスポンスの良い走りを体感させてくれる。ストップ&ゴーにおいてのアイドルストップもスムーズだった。

V6エンジンは4,000回転あたりから音が高まり、一気に6,000回転まで上昇する。

スーパーチャージャーの作動はとくに意識させられることはなかった。フルモデルチェンジしたトゥアレグの完成度の高さが、ハイブリッドカーとなってもうまく活かされている。

Dレンジでの0-100km/hを測ってみると「7.1秒」。公表値には及ばなかったものの十分に速い。直進性も、とても安定している。

試乗車のタイヤは、ブリヂストン デューラーH/P265/50R19を装着していた。目地の乗り越えなどでの突き上げ感はやや大きめだが、乗り心地は悪くない。コーナーでも安定していた。

ニュートゥアレグをベースにしたハイブリッドは、トゥアレグシリーズのトップモデルとして位置付けられている。それは、動力性能から環境性能までにおいて、これまでのトゥアレグを大きく凌ぐからだ。

しかも、トゥアレグハイブリッドを運転していて「クルマを運転する楽しさを味わってもらいたい」という技術陣の思いを感じることが出来る。

環境に優しいだけでなく、「クルマとしての楽しさ」を残しているフォルクスワーゲンのクルマづくりの実力の高さを、改めて実感させられた。

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事

フォルクスワーゲン トゥアレグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円