autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン トゥアレグ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/4/26 00:34

フォルクスワーゲン トゥアレグ 試乗レポート(3/3)

関連: フォルクスワーゲン トゥアレグ Text: 西川 淳 Photo: フォルクスワーゲングループジャパン
フォルクスワーゲン トゥアレグ 試乗レポート

VWの実質フラッグシップとしてふさわしい仕上がり

新型トゥアレグハイブリッド
新型トゥアレグ ハイブリッド新型トゥアレグ ハイブリッド

走行インプレッションに関して、まず注目のトゥアレグハイブリッドから報告しよう。

トゥアレグハイブリッドは、スーパーチャージャー付3リッター直噴V6エンジン+モーターという構成で、デカップリングクラッチ付パラレルタイプである。パラレル方式ではあるが、50km/hまでEV走行が可能だ。

その際、エンジンはデカップリングクラッチにより完全にミッションから切り離されている。

EV走行からエンジンが始動して、モーターとエンジンが同期しクラッチと繋がる複雑な行程を、ドライバーが意識することはほとんどない。この精密な制御こそがハイブリッドカーの肝である。

市街地での実燃費は驚くに値しない(フィレンツェ市内を走って6km/L前後だった)が、それでも同パフォーマンスのパワートレイン(ラインナップから外れたガソリンV8など)に比べて2割程度はいいはずだから、存在意義はあるだろう。

パフォーマンス的には「8気筒級」で十分なパワー&トルク。乗り心地も良く、VWらしい泰然としたライドフィールも楽しめた。ビッグゴルフ的に乗れるという点では、旧型と変わらない。

新型トゥアレグ
新型トゥアレグ新型トゥアレグ

日本市場でメインとなる3.6リッターV6FSI+8AT+アイドリングストップ付にも試乗したが、ここ一発の瞬発力こそ物足りないものの、必要十分なパフォーマンスである。

ラフにスロットルを扱うとバタついてしまうが、それ以外ではウルトラスムースだ。

自然なロールに徹した乗り味にも、進化の跡が見受けられる。適度な重厚感と相応しい軽快感など、確実にパフォーマンスは向上していると言っていい。

非常に仕上がりのいいSUVだった。VWの実質フラッグシップとしてふさわしい。最近のVWは失敗作がないから、すごい。

ハイブリッドの完成度も高かったが、商品コンセプトには疑問もある。本当ならV6相当のパフォーマンスを4発で補うモデルがVWらしいと思う。

欧州ではハイブリッドカーがまだまだ付加価値高級品であるということだろう。

それよりもディーゼルのV6&V8も素晴らしかった。特にV8 TDI。これはもうスポーツカーのようにイモラの田舎道を駆け抜ける。空いた口がふさがらないほどのパフォーマンスであった。

筆者: 西川 淳

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事

フォルクスワーゲン トゥアレグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円