autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン トゥアレグ 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2007/4/3 22:05

フォルクスワーゲン トゥアレグ 海外試乗レポート(3/3)

関連: フォルクスワーゲン トゥアレグ Text: 石川 真禧照 Photo: フォルクスワーゲン グループ ジャパン
フォルクスワーゲン トゥアレグ 海外試乗レポート

数値以上に高性能化が感じれる新搭載V8エンジン

V8、4.2L、350馬力 直噴エンジン(FSI)

チュニジアの試乗会に用意されていたトゥアレグは、V8、4.2L、350馬力のガソリン直噴エンジン(FSI)とV6、3.6L、280馬力のガソリン直噴エンジン、さらにディーゼルターボエンジン車もあった。日本仕様はV8とV6のガソリン直噴エンジンだ。現行モデルにはW12の6.0L、450馬力もあるが、新型への導入は今秋になる。

ミッションはマニュアルシフトモード付の6速AT。駆動方式はもちろん4輪駆動(4モーション)になる。サスペンションはエアサスとメカニカルサスが用意されていた。

試乗はエアサスのV8モデルから行なった。このV8エンジンは新搭載で、パワーは従来エンジンより40馬力、トルクも3kg-mもアップしている。Dレンジでスタートする。トルクは1,500回転からでも力強い。アクセルペダルの動きも即座に反応し、加速する。高回転域も6,700回転までスムーズに上昇し、トルクの落ちこみもない。現行V8は3,500回転あたりからトルクが盛り上がり、6,500回転がリミットだったことを考えると、高性能化が明確だ。

エアサスはコンフォート/オート/スポーツの3段階選択式だが、その差はハッキリしている。チュニジアではコンフォートモードが文字どおりコンフォートだった。V6モデルはエアサスとメカサスの2車に試乗した。エンジンは現行にくらべ60馬力、5.6kg-mの向上だ。 スタートして、現行モデルとの違いはハッキリと体感できる。スタートからのもたつきはなく、パンチのある加速を味わせてくれる。音に関してもうなり音は抑えられ、高回転走行での静粛性も確実にアップしている。エアサスはV8モデルと共通だが、こちらもコンフォートモードがよかった。タイヤは255/60R17を装着していたが、日本仕様では18インチになるようだ。

V6+メカニカルサスペンションモデルにも試乗した。エンジン性能や性格はエアサス仕様と同じだが、サスペンションの動きはエアサスのコンフォートモードに近い感じだ。個人的にはこの仕様で十分。価格ももっとも安いはずだ。

今回の新型トゥアレグは安全装備のひとつとして、ABSプラスという技術が導入された。これは砂利道や砂などすべりやすい路面で急ブレーキを踏んだときに、これまでよりも最大で20%も制動距離を短縮する技術。急ブレーキをかけたときホイール/タイヤをロックさせ、砂利や砂をタイヤの前方に押し出す。それを抵抗にして制動距離を短縮させ るというもの。

実際に試乗コースの浮き砂利の道で急ブレーキを踏んだが、ホイールがロックする時間が長いように感じた。このABSプラスは使える装備だ。

最後に新型トゥアレグの日本導入だが、初夏を予定している。価格は現行よりも20~30万円のアップになる。

V6、3.6L、280馬力 直噴エンジンマニュアルシフトモード付の6速AT走行走行サイドビュー

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事

フォルクスワーゲン トゥアレグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円