autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン トゥアレグ 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2007/4/3 22:05

フォルクスワーゲン トゥアレグ 海外試乗レポート(2/3)

関連: フォルクスワーゲン トゥアレグ Text: 石川 真禧照 Photo: フォルクスワーゲン グループ ジャパン
フォルクスワーゲン トゥアレグ 海外試乗レポート

実用性とユーザーニーズをとり入れるVW社の真面目さ

フロントビュー

チュニジアの首都チュニス近くのリゾートホテルで対面した新型トゥアレグは、フロントマスクから変わっていた。

これまでのバンパー上のグリルから、バンパー下までクロームメッキを用いたワッペングリルという最近のVW車と共通のグリルになった。迫力と上級感のあるグリルだ。ヘッドライトの形状も下縁に曲線を用いたデザインを採用、ヘッドライト部分はコーナリングライトとターンシグナルが一体になっている。サイドに回りこむと、ヘッドライトの形状が変わり、ミラーの面積が増えている。これはドイツ国内の法規制によるものだ。

リアビューはリアゲートの上にスポイラーが備わったことと、テールランプにLEDを用いたことが新しい。バンパー下のマフラーは後方から目立つようにリデザインされた。V8車はオーバル形状、V6車はちょっと“しょぼい”デザインだが、いずれも左右1本ずつのデュアルマフラーだ。

ボディサイズは現行モデルと同じ。サスペンションも基本メカニズムは同じだが、各部分の見直しは行なわれている。とくにエアサスペンションは制御のキメ細かさが違う。

また、オフロード性能に関しては、水の浸入を防ぐトリプルドアシーリングシステムと防水ヘッドライト、防水プラグコネクター、インレットエア経路の工夫、エンジンからの排気、密閉式プロペラシャフトなどの採用で最深50cmまでの渡河が行なえるようになった(エアサス車は58cm)。アルミ製のルーフレールも標準装備だ。実用性とユーザーニーズをとり入れるVW社の真面目さが感じられるマイナーチェンジだ。

イメージイメージフロントランプリアランプサイドミラー
インパネ

インテリアに目を転じると、シート形状の変化に目がいく。トゥアレグのシートは標準とコンフォートの2つの形状が用意されている。とくにコンフォートシートは新型トゥアレグのために開発されたもので、VW社の最上級リムジンのフェートン(日本未導入)に採用されているものをベースに人間工学とサポート性をメインに開発された。実際に試乗時に座ったが、コーナーでのホールドはよかった。着座位置もやや高めで、ボンネットを確認しやすいポジションだった。

カーゴスペースはリアシートの背もたれが6対4で分割可倒し、フラットになる。試乗車のなかにはフルサイズのスペアタイヤをリアに背負っているモデルもあった。これはリアゲートが左ヒンジの横開きだった。日本にはこの仕様は輸入されない。

安全装備ではドアミラーの死角にクルマやバイクが入ってしまったときに、その存在をドライバーに知らせるブラインドスポットインフォメーションシステムがあった。これはとても便利なのだが、警告灯がミラーの根元(車外)にあるために日本では認可されないという。安全な装備なのに日本の法規の対応の悪さで、装着されないのは残念だ。

フロントシートリアシートメーターラゲッジフロントビュー

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事

フォルクスワーゲン トゥアレグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円