autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ティグアン ライストン 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2010/12/28 11:05

フォルクスワーゲン ティグアン ライストン 試乗レポート/森口将之

フォルクスワーゲン ティグアン ライストン 試乗レポート/森口将之

スポーツ&スタイルをベースとした特別仕様車ライストン

2010年のフォルクスワーゲン(VW)はポロ一色という感じだったが、実はその影で、SUVのティグアンのラインナップが一新されていた。

従来はオン・オフ両刀遣いのトラック&フィールドと、オンロード重視のスポーツ&スタイルという2車種構成だったが、2009年にスポーティなRラインが追加されたのに続き、今年9月にスポーツ&スタイルをベースとした特別仕様車ライストンが登場した。

この2モデルが、現在日本で買えるティグアンということになる。ただしライストンは、単なる特別仕様車ではない。パワートレインにも手を入れているからだ。

2L直列4気筒直噴ターボのTSIエンジンは、28.6kgmの最大トルクはそのまま、最高出力が200psから170psに落とされた。

一方トランスミッションは、湿式多板クラッチ使用のDSGであることは同じだが、ギア数が6速から7速になった。

このパワートレインはライストンだけでなく、Rラインにも積まれる。DSGはいままで、7速は乾式クラッチ、6速は湿式クラッチを使用していた。

つまり2台のティグアンに積まれるのは新開発ユニットになる。ただし基本設計は湿式6速と共通なので、ティグアンの車体にも搭載できる。

今後は湿式6速がしだいにこの湿式7速に切り替わっていくのだろう。

エクステリアやインテリアはスポーツ&スタイルと同じだ。ということで早速走りの印象に移ると、まずエンジンは低回転から、なだらかにトルクを発生しているので乗りやすく、なめらかな吹け上がり、静かなサウンドからは上質感を受ける。

一部のユーザーはパワーが200psから170psに低下したことを気にするかもしれないが、日常的なシーンではまったく不満を覚えないはずだ。

湿式多板クラッチ採用の7速DSGは、とても印象がよかった。乾式クラッチ採用の7速DSGで気になった唐突感はなく、すべての動きをスムーズにやってのける。それでいて当然ながら、燃費や環境性能では6速を上回ると予想できる。すべてのDSGをこれに切り替えてほしいと思ったほどだ。

乗り心地はドイツ車らしく硬めではあるけれど、ボディの剛性感とサスペンションストロークを生かしたVWらしいフィーリングには、好感を抱く人が多いだろう。

ステアリングは剛性感にあふれ、なめらかな作動感が心地いい。

ハンドリングは基本的に素直だが、ペースを上げてコーナーに入り、途中でアクセルペダルを戻すと、リアがズルッと滑ることもあった。VWらしからぬ挙動だ。氷雪路では気をつけたほうがいいかもしれない。

最後になってしまったが、新しいティグアンは価格にも注目だ。

ライストンはスポーツ&スタイルの422万円から385万円、Rラインは従来の488万円から421万円へと、それぞれ大幅に値下げされたからである。

従来のプライスは、このクラスのSUVとしては割高という印象が否めなかった。それが円高という追い風もあり、適正価格に近づいたのだ。

今年は同じクラスにBMW X1、プジョー3008、フォード・クーガという新型車が登場した。

プライスダウンしたティグアンが、こうしたモデルたちに匹敵し、注目を集めることは間違いない。

筆者: 森口 将之

フォルクスワーゲン ティグアン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ティグアン の関連記事

フォルクスワーゲン ティグアンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ティグアン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ティグアン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円