autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗]フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢

試乗レポート 2016/11/9 11:00

[試乗]フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢(1/2)

[試乗]フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢

VW ザ・ビートルが3グレード構成に

フォルクスワーゲン 新型 ザ・ビートル R-Line(1.4TSI)<2016年11月追加> 試乗レポート/森口将之

2016年9月にマイナーチェンジしたフォルクスワーゲン ザ・ビートルに、早くもラインナップが追加された。その名は<ザ・ビートル R-Line>。むむ、R-Lineなら以前からあったのでは? 実は11月9日新たに追加されたのは、1.4リッター TSI ガソリン直噴ターボ版。これまでの高性能仕様2.0TSI R-Lineと、ベーシックな1.2TSI<デザイン>との間を埋めるグレードというワケ。そんなザ・ビートルの全てのグレードをきっちり乗り比べてきたのが、自動車ジャーナリストの森口将之さん。森口さん、その違いを教えてください!

>>フォルクスワーゲン ザ・ビートル R-Line 1.4TSI フォトギャラリー

キャラの立ったザ・ビートルに向いたパワートレインは・・・どっち!?

フォルクスワーゲン 新型 ザ・ビートル R-Line(1.4TSI)<2016年11月追加> 試乗レポート/森口将之フォルクスワーゲン 新型 ザ・ビートル R-Line(1.4TSI)<2016年11月追加> 試乗レポート/森口将之

先月公開した新型 フォルクスワーゲン(VW) ザ・ビートルの試乗記で、1.2リッター・ターボの<デザイン>と2リッター ターボの<2.0 R-Line>に乗って、個人的にはR-Lineのほうが好みだと書いたら、担当編集者から「意外ですね」という感想をもらった。

ヨーロッパのベーシックカーをこよなく愛し、ボディも排気量も小さければ小さいほど良いと考える、多くのモータージャーナリストとは正反対の嗜好性を持つ(でも今日の社会環境には合致している)人間なので、高性能な2.0 R-Lineを選んだことが想定外だったらしい。

ただ記事でも書いたように、VWにはゴルフという質実剛健の権化のようなクルマがあるわけで、ザ・ビートルがその点で対抗してもかなわない。やっぱりザ・ビートルはキャラの立った<ゆるキャラ>であってほしい。

そんな個人的願望に近かったのは、2リッターゆえ力に余裕があってリラックスして流せるうえに、昔の空冷水平対向4気筒エンジンを思わせるサウンドを届けてきてくれる2.0 R-Lineだったのだ。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 関連ページ

フォルクスワーゲン ザ・ビートル・カブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事

フォルクスワーゲン ザ・ビートルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円