autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【ahead femme×オートックワン】-ahead 12月号- 自分だけの1台を手に入れる

特別企画 2011/12/16 10:25

【ahead femme×オートックワン】-ahead 12月号- 自分だけの1台を手に入れる

【ahead femme×オートックワン】-ahead 12月号- 自分だけの1台を手に入れる

3Dデジタルプラモデル『digimo』

人とクルマの関わりにおいて、現実世界とデジタルを結びつける次世代ツールとして注目の存在が、2011年11月30日にデビューを飾ったiPhone用のアプリ『digimo(デジモ)』である。

クルマのアプリというと、ドライブをサポートする情報提供やバーチャル上でクルマを走らせるゲームを想像するが、デジモはダウンロードしたクルマをコレクションしたり、自分なりのカスタマイズを楽しめるアプリである。

注目したいのは、単に仮想空間で妄想を膨らませる類のものではないことだ。

digimoでゲットした1台

最初に用意される車種は、東京モーターショーのフォルクスワーゲンブースでお披露目された『ザ・ビートル』。

iPhoneを使えば誰もが無料でこのアプリをダウンロードできるが、その会場に足を運んでダウンロードした場合、そこでしか手に入らない特別仕様のクルマが入手できる。

これは携帯電話が持つ位置情報を利用して、街を探索しながらパーツや本体などを入手していける仕組み。デジモや自動車メーカーのサイトなどから、お宝がある場所のヒントが与えられ、探しに行く楽しみもあるというワケだ。

入手したクルマは画面上で組み上げ、ボディ色を選び、好みの角度で撮影する。画像はフェイスブックやツイッターを用いて、ソーシャルメディア上でコミュニケーションを図ることもできるという。

その精巧な出来映えにクルマ好きを唸らせ、クルマに興味がない人にすら、入手した画像を「カワイイ!」と言わしめるデジモ。

生みの親であるインフォバーンの小林弘人氏は大のクルマ好きだ。

「私が小さい頃は、自転車で街中を走り回って『ガチャガチャ』を買いに行き、ミニカーやスーパーカー消しゴムを集めたものですが、デジモはそのデジタル版です。クルマを自分専用にカスタマイズしたり、アーティストやアパレルブランドとコラボしたスペシャルカラーやご当地バージョン、限定車も用意したいと考えています。将来的には車種も増やして、友達とカードゲームで対戦したようにレア度や装備を競ったり、ジオラマみたいに自分のガレージを作り、バーチャル上でコミュニケーションを図れるようにしたいですね」。

自動車離れが囁かれる今日だが、デジモは様々なイベントに出向くキッカケになったり、ネットワーク上で皆と対話を重ねて、クルマへの『愛着』を深める足がかりとなりそうだ。

デジタルを用いながらも、人とクルマの関わりはいつだってアナログ的。

いつまでも人の心を揺さぶるものであって欲しい。

筆者: 藤島 知子
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円