autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム VWの新型「ゴルフ8」に迫る!ディーゼル不正から1年、次世代「MEB」で新時代への幕開け 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/9/28 20:33

VWの新型「ゴルフ8」に迫る!ディーゼル不正から1年、次世代「MEB」で新時代への幕開け(2/3)

関連: フォルクスワーゲン Text: 川端 由美 Photo: VW AG/和田清志
VWの新型「ゴルフ8」に迫る!ディーゼル不正から1年、次世代「MEB」で新時代への幕開け

次期型「ゴルフ」に新世代プラットフォームの「MEB」

フォルクスワーゲンの本社工場VWが次世代プラットフォーム「MEB」で電動化へ加速

こうしたフレキシブルな生産ができるのは、「MQB」という共通プラットフォームを採用するおかげだが、今回、興味深かったのは「MEB」なる新プラットフォームの存在を明かした点だ。かねがね噂されていたが、今回、「MQB」とはまったく異なるプラットフォーム刷新であることがわかった。

これは、2020年までにeモビリティの生産が劇的に増えることを予測して、新世代のプラットフォームを開発したのだ。

ただし、すでにeモビリティ関連だけで100万ユーロが投じられているため、追加の投資を最小限に抑えるべく、現在のモデルを造りながらというのが前提にあり、「MQB」と「MEB」は同じラインで生産ができる仕組みだ。パリサロンで発表する新アーキテクチャのEVは、「MEB」のコンセプトを現状の工場に落としこむ予定だ。

フォルクスワーゲンでは、「MEB」をビートル、ゴルフに続く、「新しい章の始まり」と位置づけている。「ゴルフの終わりではなく、新時代の幕開けとなる」とはいうが、年内に新型が発表されるともっぱらの噂の次世代「ゴルフ」に「MEB」が投じられる可能性が見え隠れする。

「フォルクスワーゲンは、eモビリティでもボリュームゾーンを狙っている。そのためにも、eモビリティを含めたフォルクスワーゲンの将来のブランドポジションについて、パリでヴィジョンを見せる」と、マーケティング担当役員のJurge Stackmann氏は言う。

これは、フォルクスワーゲン・グループの会長であるミュラー氏が、30機種のeモビリティを発表し、販売比率を20-25%まで高めるという方針を敷いたためだ。

600kmの巡航距離を確保し、ファーストカー需要を満たす

フォルクスワーゲンの本社工場

例えば、eモビリティ先進国のノルウェーだが、あくまでeモビリティはセカンドカー需要を満たしているにすぎない。それでは同社にとって充分な生産台数とはいえないため、フォルクスワーゲンがパリサロンで発表する予定のeモビリティのコンセプトカーでは400-600kmの巡航距離を確保し、ファーストカー需要を満たそうと試みる。

バッテリーの上に座るような構造を採るため、フロントのオーバーハングが短く、重心が低い。電池メーカーは、フレキシブルに選択できる構造だ。

その結果、ホイールベースが長く取れるので、キャビンも広々と設計できる。もちろん。急速充電にも対応する。EUサイクルでの巡航距離は400kmだが、Eレンジを選択すると、最大600kmまで延長が可能だ。

テスラ「モデルX」の巡航距離が542km、「モデル3」が345kmであることと比較して、コストもベストであり、かつ充分な巡航距離を確保できていると言っていいだろう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円