autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ジュネーブモーターショー2014 学生カーソムリエによるジュネーブモーターショー2014&VW アウトシュタット見学ツアー レポート総評 3ページ目

モーターショー 2014/3/13 17:15

学生カーソムリエによるジュネーブモーターショー2014&VW アウトシュタット見学ツアー レポート総評(3/3)

関連: フォルクスワーゲン Text: Photo: 茂呂幸正
学生カーソムリエによるジュネーブモーターショー2014&VW アウトシュタット見学ツアー レポート総評

学生カーソムリエ特派員 辻本健志(山口大学)

アウトシュタットの様子

私は、物心ついたときからクルマ、クルマ、クルマ!幼いときから、自動車雑誌を「教科書」と称し、大人に混じって立ち読みをしていました。このレポートでは欧州のクルマ文化をメインに話を進めていきたいと思います。

ジュネーブモーターショー2014&VW アウトシュタット見学ツアーに出るにあたって意識していたことは、「学生目線でレポートしよう。つまり、純粋な感激と素直な発想を大事にしよう。」ということです。この“意識”は、常に意識することにはなりませんでしたが(笑)

というのも、ジュネーブショーを見学するにしても、アウトシュタットを訪問するにしても、ヨーロッパの町並みを歩くにしても、常に「自分の常識を超えた光景」を目にするからです。

つまり、すべてが初めてで新鮮ということ。もう「すげー!」とか、「これ何—?」という言葉の連続です!その度に、引率してくださったモータージャーナリストの今井さん、オートックワン編集長の横倉さん、カメラマンの茂呂さんが、理にかなった説明をしてくださいます。この3名から教えて頂いたことは本当に貴重なことで、根こそぎ吸収しました!

欧州(車)と日本(車)の違い

ランボルギーニ「ウラカン」マクラーレン「650s」

ジュネーブショーで人だかりができるほど人気だったクルマたちは、2種類に分けられます。

1つ目は夢のあるクルマ。世界初公開のマクラーレン「650s」や、ランボルギーニ「ウラカン」などです。

2つ目はエコでエモーショナルな実用車。フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」や、ルノー「トゥインゴ」、メルセデス・ベンツ「Cクラス」などです。

2つ目に関しては、きっと実際に自分がそのクルマを所有することを想定して、各々、各項目をチェックしていたのでしょう。なので、相当細かいところにまで厳しい目が光ります。「グローブボックス狭いなー」とか、「ドラポジばっちり」といったところでしょうか。

ところで、“欧州車は走りがいい”とよくいわれます。私は、欧州の人たちは皆クルマが好きで、運転を楽しむために走りがいいんだと思っていました。

メルセデス・ベンツ  新型Cクラス

しかし、実際にはヨーロッパの人々も皆がクルマ好き、ではないそうです。欧州、特にドイツでは、1回の移動距離が長く、また平均速度も速い。これは、ドイツの街中とアウトバーンを走る際に同乗させていただいて実感できました。

なので、日本ではクルマ好きのための採点項目である走行性能というものが、ヨーロッパではごく日常的で、マニアからおじいちゃん、おばあちゃんまで、誰にでも求められているということが分かりました。

アウトシュタットの様子

そりゃあドイツ車はやや固めの乗り心地で、どっしりした安定性を持つように進化しますよ。

ちなみに、ヨーロッパの電車も、日本の新幹線に比べて乗り心地が固い。しかし、ダンピングがいいおかげで振動がピタッとおさまり、高速走行では乗り心地が良かったです。「まるでドイツ車と日本車の関係と一緒やん」というところも面白かった!

クルマとライフスタイルというものが、いかに密接かを表しているのではないかと感じた

アウトシュタットの様子

アウトシュタットでは、熱心に写真を撮るおじいちゃんもいれば、歓声を上げて走り回る子どももいました。

子どもといえば、ここには彼らにも分かるように、そして、未来を考えさせるためのフォーラムも用意されていました。それは栄養バランスについてであったり、株式会社とは何ぞやということであったり、そして内燃機関の仕組みであったり。

アウトシュタットの様子
アウトシュタットの様子アウトシュタットの様子

つまり、ここアウトシュタットでは車のことを学べるだけではなく、生活に必要なことや、社会のことも学ぶことができます。これはクルマとライフスタイルというものが、いかに密接かを表しているのではないかと感じました。クルマを移動手段として扱うという特徴のある日本とは大きく違ったことです。

僕たち3人は、学生カーソムリエとしてスイス・ドイツに招待していただくことが出来ました。

レポーターの仕事は報道すること、つまり、事実を広く一般に伝えること。

ではなぜ、僕たち報道のど素人が、しかも学生であるのに招待いただけたのでしょうか。それは、僕たち3人をはじめとした、クルマ好きの若者に大きな期待がもたれているからだと思います。

学生カーソムリエ特派員 辻本健志(山口大学)

世間では若者のクルマ離れが叫ばれています。まずは身の回りの人からでも、クルマという一つの文化のすばらしさ、そしてワールドワイドな視点を持つことのすばらしさを伝えていくことが大切で、また使命であると思います。

これがきっと、オートックワンやフォルクスワーゲンの皆様に大きな夢を実現させていただいた恩返しになるのではないかと思っています。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円