autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン シャラン 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/8/12 10:22

フォルクスワーゲン シャラン 海外試乗レポート(3/4)

関連: フォルクスワーゲン シャラン Text: 小沢 コージ Photo: フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン
フォルクスワーゲン シャラン 海外試乗レポート

本当に1・4リッターで十分?

フォルクスワーゲン シャランフォルクスワーゲン シャラン

まず乗ったのは、日本に導入される1・4リッターのガソリンモデルで、残念ながらDSG搭載は間に合わず、6MT車だ。

気になるのはやはり速さだろう。軽くなったとはいえ車重約1・7トン。3.5リッターV6搭載当たり前の日本のビッグミニバンと比べると、スペック的な心配は否めない。ひとこと言わせて貰うと、正直「まだわからない」だ。

特に気になる発進時は、さすがの低回転トルクでエンストなど起きそうもないが、問題はそこから先でMT車では若干不満が残る。本気で走ろうとすると、3000rpm以上ぐらい回さなければ物足らないのだ。もしやDSGならば、素早くシフトチェンジして、パワーも燃費も両立できるかもしれないが、そのマネは6MTではできない。

それより良かったのは日本市場に入る予定のない2リッターのディーゼルターボでこちらもピークパワーは140psと大したことないが、トルクが320Nmと太い上、いち早くDSGと組み合わされ、低回転域を有効に使って、ガンガン走れる。カタログ燃費もヨーロッパ基準でリッター18km以上を記録し、十分にダウンサイジング・コンセプトの意義を発揮していた。

1.4リッターターボ車も、6MT仕様のヨーロッパのカタログ燃費が約リッター13.7kmと優秀だが、果たしてDSGが加われば、それを日本でも実現できるのか。果たして1.7トンのミニバンを、十分走らせられるのか。可能性はわかったが、証明まではいかなかった。

一方、それ以外はさすがのVWというか圧倒的だ。まず特筆すべきは走りの上質感でとにかく乗り心地がいい。ドイツ車らしく硬めなのは当然、それでいて全域でしなやか。高速ではフラット感もあり、静か。ステアリングフィールは日本車みたいに必要以上にクイックではないが、軽くて滑らか。

なんといっても良かったのは高速性能だろう。もちろん1・4リッター車は加速自体はそれほどでもないが、じっくりアクセルを踏んでいけば、時速200kmには届くか届かないくらいまで走れ、しかも時速100kmを超えた時の安定性が抜群。ちゃんと手応えを得つつも、路面のうねりや風に影響されすぎず、パサートがそのまま大きくなったかのようだ。

ただし、一部の日本製ミニバンのようにコーナリングが楽しいというほどではなく、圧倒的に高速ツアラーだ。同時に驚いたのはシートの座り心地の良さで、2列目は2人乗りと3人乗りが選べるのだが、どちらも独立式でしっかりと座れ、3列目も身長176㎝の私が、頭、ヒザともに天井、前列シートに付くか付かないかくらいだったが、シート高が十分にあって、体育座りのようなポジションを取らずに済み、専用のエアコン吹き出し口まで付いていた。

日本のビッグミニバンの肘掛け付き3列目シートほど豪華ではないが、特に不安もない。またシートアレンジ、つまりフルフラット化の容易さも特筆もので、2列目、3列目ともにほぼワンアクション、ツーアクションで操作できるのに驚いた。

フォルクスワーゲン シャラン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン シャラン の関連記事

フォルクスワーゲン シャランの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン シャラン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン シャラン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円