autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン シロッコ 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2008/7/30 10:42

フォルクスワーゲン シロッコ 海外試乗レポート(3/4)

関連: フォルクスワーゲン シロッコ Text: 竹岡 圭 Photo: フォルクスワーゲン グループ ジャパン
フォルクスワーゲン シロッコ 海外試乗レポート

日本導入を飾るのは1.4Lツインチャージャーと、2Lターボ

試乗

シロッコのエンジンラインアップは全部で3つ。1.4Lシングルチャージャー、1.4Lツインチャージャー、2Lターボとなっている。

このうち1.4Lシングルチャージャーには、登場当初はDSGは搭載されず、6MTのみとなる。とりあえずの日本導入はゴルフVと対比させると、160psを発揮するゴルフGT-TSIに相当する1.4Lツインチャージャー+7速DSGモデルと、200psを発揮するゴルフGTIに相当する2Lターボ+6速DSGモデルになりそうだ。

というワケで、日本にやってきそうな2台に試乗してみた。まず、1.4Lツインチャージャーエンジン搭載モデルから。

こちらは実はゴルフのGT-TSIよりも10psほど最高出力が抑えられているのだが、ボディの軽さからいってまったく遜色はない(ちなみに6MT搭載モデルのスペックしかないのだが重量は1,271kg)。それどころか6速DSGが湿式クラッチなのに対し、7速DSGは乾式クラッチを採用しているので、変速はこちらの方が素早い。つまり、より軽妙に走るという表現がピッタリくるくらいなのだ。

オマケに7速DSGは、リバースギアも別シャフトに設けられているので、車庫入れやUターンなどの切り替えし時も、微妙な間やギクシャク感がないのもいいところである。普通に走るならばこれで十分ジャン!というフィーリングだった。

しかし高速道路をゆとりを持って快適に走ろうというのならば、やはり2Lターボの方がパワーも豪華さも1ランク上だ。オマケに欧州仕様車はサウンドもイイので、この上なくスポーティな気分になれる。実はこちらのエンジンもゴルフGTIとはちょっと違っていて、パサートヴァリアントに搭載されている2Lターボエンジンが搭載されているのだ。

こちらは元はと言えばアウディA4にいち早く搭載された、1.8Lターボエンジンのストロークアップ版で(VWではパサートTSIコンフォートライン等に搭載されている)、最高出力&最大トルクはゴルフGTIのエンジンと同じで、より低回転域からパワー&トルクが発生するようになっているのが特徴。つまり、高速もそうだが、Rのキツイワインディングでもパワーのコントロールがしやすくなっている。

また、バランスシャフトが入っているおかげで雑音がないのも特徴のひとつだ。オマケに6速DSGのマッチングも向上しており、シフトショックがかなり少なくなっているのも好印象。こちらは、1ランクバージョンアップした感覚が味わえた。

インパネシフトメーターコンフォートスイッチディナウディオ サウンドシステム スピーカー

フォルクスワーゲン シロッコ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン シロッコ の関連記事

フォルクスワーゲン シロッコの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン シロッコ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン シロッコ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円