autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型 シロッコ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/5/25 14:00

フォルクスワーゲン 新型 シロッコ 試乗レポート(3/4)

関連: フォルクスワーゲン シロッコ Text: 森口 将之 Photo: 島村 栄二
フォルクスワーゲン 新型 シロッコ 試乗レポート

1.4×7DSGと、2.0×6DSGの違いとは・・・

走り
1.4L TSIエンジン7速DSG

最初に乗ったのは1.4LのTSIだったが、加速はこれで充分。あまりによく走るので、2Lだと勘違いしてしまったほどだ。上り坂でも加速はじゅうぶんだし、小排気量らしい軽快な吹け上がりが心地いい。

乗り心地はゴルフよりハードだけれど、強靭なボディ剛性のおかげでショックを足元だけで吸収してくれるので、不快ではない。いや、このクルマのハンドリングを一度でも味わえば、硬さが納得できるというものだ。

ひと足先にデビューした新型ゴルフは、コンフォート性を重視したためか、コーナーでのロールが気になる場面もあった。ところがシロッコにはそれがない。ステアリングを切ると瞬時にノーズがインを向き、ロールを感じさせることなく、路面に張りついたようにスルッとコーナーを抜けてくれるのだ。

対する2Lの加速はひとまわりたくましい。発進で無造作にアクセルを踏むと簡単に前輪が空転し、スポーティな排気音を響かせながら、グイグイ速度を上げていく。

それでいて余裕のあるトルクと、クラッチを湿式多板としたDSGのおかげで、変速のスムーズさでもこちらが上回る。

しかも乗り心地がいい。秘密は2Lに標準装備される、DCCと名づけられたシステムにある。ダンパーの減衰力をコンフォート、ノーマル、スポーツの3モードから選択できるのだが、ノーマルでも1.4Lよりマイルドなのだ。

一方スポーツをセレクトすると、足がハードにセットされるとともに、ステアリングが重くなり、スポーツカーらしい切れ味をプラスしてくれる。

走り2.0L TSIエンジン6速DSGアルミ調ペダルクラスター(1.4/2.0)パドルシフト

フォルクスワーゲン シロッコ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン シロッコ の関連記事

フォルクスワーゲン シロッコの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン シロッコ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン シロッコ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円