autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 フォルクスワーゲン シロッコ 発表会速報

新型車リリース速報 2009/5/25 16:00

フォルクスワーゲン シロッコ 発表会速報

フォルクスワーゲン シロッコ 発表会速報

20年ぶりに復活したコンパクトスポーツクーペ「シロッコ」

新型シロッコと初代シロッコ フロントスタイル

フォルクスワーゲンは2009年5月25日、3代目となる新型シロッコを発表した。

フォルクスワーゲン シロッコは、日本では二代目が生産終了してから20年ぶりの復活となるコンパクトスポーツクーペ。

フォルクスワーゲンの最新技術によって現代に蘇ったシロッコ、発表会会場前には「初代シロッコ」と「新型シロッコ」が展示されており、初代から長い年月が経過したことは両車を見れば一目瞭然だが、3ドアハッチと短いリアオーバーハングがシロッコである証であることも良く分かる比較だ。

シロッコ フロントスタイル

シロッコのグレードは、1.4リッターTSIツインチャージャー+7速DSG搭載の「シロッコ TSI」と、2.0リッターTSIシングルチャージャー+6速DSGの「シロッコ 2.0TSI」2グレードをラインナップ。

低い車高や大きく張り出したフェンダーなど、そのスタイリングはスポーツカーであることを象徴しながらも、燃費は1.4リッター(以下、TSI)で15.8km/L、2.0リッター(以下、2.0TSI)でも13.2km/L(いづれも10・15モード)と燃費性能はかなり良好だ。

走行性能では、TSIは最大出力160PS/最大トルク24.5kgm、2.0TSIは最大出力200PS/最大トルク28.6kgmを発生しており、1,340kg(2.0TSIは1,360kg)の車重の軽さもあって十分なパワーとトルク。

フォルクス ワーゲングループ ジャパン代表取締役社長 ゲラシモス・ドリザス氏

また、シロッコの一番の魅力は何といってもそのエクステリア。

今回の新型シロッコ発表会では、フォルクス ワーゲングループ ジャパン代表取締役社長 ゲラシモス・ドリザス氏の発表以外にも、エクステリアデザイナーのアンドレアス・ミント氏によるシロッコのデザイン説明がプレゼンテーションとして用意されるほど、デザインには力を入れている。

ワイドトレッド&低重心なフォルムは、いかにも安定したコーナリングを楽しめそうなスタイリング。

特徴のあるトレッドで一見ボリューム感があるように見えるが、新型ゴルフにも採用されているフロントマスクと、サイドのショルダーラインにより、実際に見た感じでは写真よりもシェイプされていてスッキリとまとまっている。

クーペであることからリアシートの居住性が気になるところだが、完全独立の4座シートでリアはヘッドレスト一体型のバケットタイプなので、後席も快適なドライブを楽しめるであろう印象を受ける。ラゲッジルームも深さがあり、開口部が大きいため使いやすそうだ。

気になる価格は、「シロッコ TSI」が392万円、「シロッコ 2.0TSI」が447万円。

ゴルフとの価格差を考えてしまうところだが、前モデルは20年前でありその価値と独特のデザインに魅了された方には価格面を考慮したとしても、とても魅力のある新型車だろう。

フォルクスワーゲン シロッコ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン シロッコ の関連記事

フォルクスワーゲン シロッコの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン シロッコ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン シロッコ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円