autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン up!(アップ) 試乗レポート/藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2012/1/12 20:12

フォルクスワーゲン up!(アップ) 試乗レポート/藤島知子(2/3)

関連: フォルクスワーゲン Text: 藤島 知子 Photo: フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン
フォルクスワーゲン up!(アップ) 試乗レポート/藤島知子

小型車に乗っているのを忘れる魔法のパッケージング

VW UP!
VW UP!VW UP!

さらに、驚くべきはフォルクスワーゲン up!のパッケージング。

エンジンルームはエンジンをはじめ、補器類が至ってコンパクトに収められているが、全長3.5メートルのクルマとは思えないほど室内長が広く、前席に座っているとスモールカーに乗っていることを忘れてしまいそうになる。ホイールベースは2420mm。4つのタイヤが四隅に置かれた感じで、そのぶんキャビンは広くとられているが、身長170cmの人が運転席に座り、162cmの私が後部座席に座っても膝周りにゲンコツ3つ分の空間が存在していた。

ヘッドレスト一体型のフロントシートは、後席側から見ると前方視界に圧迫感を感じるにしても、シートは最近のヨーロッパ人の平均身長が伸びていることを考慮してレイアウトされたというだけに、頭上にもゆとりがあって、大人4人が十分に座れるスペースといった印象だ。それでいて、後席も無理に室内高を確保したというワケではなくて、シートのクッションも十分なストローク感が得られているあたりは見事である。

荷室の広さは標準的

VW UP!
VW UP!VW UP!

では、荷物の積載性はどうなのだろうか?

後部座席に乗員が座っていても、日常的な用途において十分に使えるラゲッジスペースが存在する。60:40の分割可倒式となる後部座席は、背もたれを前に倒し、2段階で位置が変えられるラゲッジ床下のボードを上段にセットすると、フラットな床面をもつ荷室空間が出現する。また、この手のスモールカーは長尺物を載せるのは諦めざるを得ないことが多いが、up!は助手席の背もたれが前側に倒せるため、2mほどの長さの荷物を積み込むことができる。

総合的にみても、常に4人乗車で荷物をたくさん積むことさえ考えなければ、スモールカーを所有していることに何の不自由も感じさせないクルマだということが分かる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円