autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ザ・ビートル 試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2011/11/16 19:20

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 試乗レポート/石川真禧照(2/2)

関連: フォルクスワーゲン Text: 石川 真禧照 Photo: フォルクスワーゲン グループ ジャパン
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 試乗レポート/石川真禧照

ザ・ビートルの走りはニュービートルとは別世界

日本発売を前にドイツで試乗したのは、最強の2.0リッタースポーツ。

その実力は最高速223km/h、0~100km/h加速7.5秒という俊足ビートルだ。

Dレンジで走り出したザ・ビートル2.0スポーツは、2代目とは全く異なる走りの世界を体験させてくれた。

直列4気筒2.0リッターターボエンジンは2500回転からトルクが一気に立ち上がり、6500回転のレッドゾーン入口まで伸びる。加速性能はこれまでのビートルとは次元が違う。

そしてそれ以上に進化しているのが、ハンドリング。

コーナーにハイスピードで入っても、実に素直にフロントから曲がってくれる。新開発のリアサスも追従性が良い。それでいながら乗り心地が良いのだ。硬すぎず、上下動もしなやかなのだ。

試乗車のタイヤは235/45R18という扁平サイズだったが、それでこの乗り心地ということは、日本仕様の1.2リッターモデルはどういうハンドリングを楽しませてくれるのだろう。

2代目から大きく向上したのが、室内スペースと装備だ。

ダッシュボードは幅が狭くなり、ウインドとの距離は常識的になった。インパネのグローブボックスは上ヒンジで開閉する方式。これは初代ビートルと同じ。3代目では数少ない「遊び」だ。

リアシートはやや高めの着座だが、ヘッドスペースは身長170cmまでOK。圧迫感はなく、実用的だ。背もたれは2分割でき、ラゲッジスペースと一体になる。

リアゲートも開口部が大きくなったので、荷物の出し入れはラクだ。ラゲッジスペースも奥行き、幅ともに広くなった。

装備では専用のナビゲーションが開発されたことと、パノラミックサンルーフの面積が80%も拡大したことがニュースだ。

オーディオ関係ではアメリカのギターアンプで有名なフェンダーが、パナソニックと組んでサウンドシステムを開発、ザ・ビートル専用オーディオが装備できる。

試乗して感じたのは、ザ・ビートルは2代目の進化型というよりは、新しい3ドア、FFスペシャリティカーとして、開発されたクルマのように思えた。

日本での発売は来春だが、日本仕様車で早く日本の道を走ってみたい気持ちになった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円