autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 試乗レポート/金子浩久

試乗レポート 2010/9/22 21:12

フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 試乗レポート/金子浩久(1/2)

関連: フォルクスワーゲン ポロ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 試乗レポート/金子浩久

抜群のパフォーマンスを発揮するTSIとDSGの組み合わせ

フォルクスワーゲンのポロ・シリーズが売れている。ヨーロッパの話ではなくて、日本で、だ。

「現在、供給が追い付かないほどの人気です」(フォルクスワーゲングループジャパン常務執行役員営業本部長・神戸誠氏)

クルマの販売に関してはシメっぽい話ばかりが続くご時勢だから、まことに喜ばしいばかり。

新型ポロGTI

ポロが売れるのは、よくわかる。まず、1.2リッターガソリン直噴「TSI」エンジンと、ツインクラッチ「DSG」トランスミッションの鉄壁なコンビネーション。

TSIとDSGの組み合わせは、燃費と走行パフォーマンスに抜群の効果を発揮する。

以前、同じ組み合わせのエンジンとトランスミッションを搭載した「ゴルフ」で実証したことがある。それは、オートックワンの「VW ゴルフ 実燃費レビュー」において、カタログ燃費値の18.6km/Lを上回る「18.9km/L」を記録した。その燃費は瞬間的な値ではなく、茨城県内の国道を周囲の交通の流れに乗りながら走った数十kmで、ずっと18km/L台後半を記録し続けたのだから驚いた。

燃費値だけでなく、走りのパフォーマンスも素晴らしかった。燃費の数字のために犠牲にしているものがなく、一台のクルマとして完成度が非常に高い。

新型ポロGTI
新型ポロGTI新型ポロGTI

そのエンジンとトランスミッションを、ゴルフよりも小さなポロに積んでいるのだから、悪かろうはずがない。

「ポロ 1.2TSI」は、ゴルフをそのまま縮小したようなクルマだった。あいにく、まだ燃費レビューの取材は行ってはいないが、長距離走行時の実燃費やパフォーマンスは優れているのだろう。そう想像できるほど、ポロ1.2TSIに死角は見当たらなかった。

そして、いよいよポロGTIが登場した。

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円