autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/9/21 13:00

フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 試乗レポート(2/2)

関連: フォルクスワーゲン ポロ Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 試乗レポート

クラス最大のトルクはかなり「強烈」

試乗の舞台となった箱根の山は、雨と風、そして霧に見舞われていた。

つまり、GTIをGTIらしく走らせるには相応しくない状況だったが、逆にいえばこういう状況だからこそ、独自の持ち味が理解できた。

走り出して最初に感じたことは、乗り心地がなめらかなことだ。スプリングやダンパー、タイヤは固めだけれど、段差や継ぎ目のショックをうまく丸めてくれるので、不快に思えない。ポロはスタンダードモデルでもバネは硬めだが、ダンパーが締め上げられていないので、コーナーのたびにユラユラ車体が揺れることが気になっていた。

新型ポロGTI

だが、ポロGTIはそういう姿勢変化が抑えられており、むしろ乗り心地がいいと思ったほどだ。

ツインチャージドエンジンの性格はゴルフよりスポーティで、2,000rpmあたりで過給をググッと立ち上げる。

その後の速度の伸びはかなり「強烈」で、クラストップの最大トルクであることを実感した。ただしサウンドはフツーで、ゴルフGTIのような心地よい排気音を聞かせてくれないのが残念なところ。演出よりも実質を重視した加速である。

ステアリングはガシッとした重さを手に返してきて、こちらもスポーツモデルらしい。そして、切れ味はスタンダードのポロより穏やかだ。ハイパワー、ビッグトルクに耐える安定性を確保したためだろう。

新型ポロGTI
新型ポロGTI新型ポロGTI

ゴルフGTIに装着されている電子制御デフロックXDSをポロで初採用したこともトピックだ。しかし、ウェット路面にクラス最大トルクの組み合わせだけあって、流石のXDSをもってしても立ち上がりのホイールスピンを抑えることはできなかった。

だが、ESPの効きは上質という言葉を使いたくなるほどなめらかだし、ブレーキは強力で、リアタイヤのグリップは安定しているので、フロントのグリップと相談しながらアクセルやステアリングを操っていくという、前輪駆動スポーツならではのドライビングプレジャーが安心して楽しめる。

つまり強烈な加速以外はむしろ落ち着きを感じるキャラクターであり、熱い走りを身上とする英仏伊のライバルとは異なる方向性を持っている。

だからこそ5ドアDSGというスペックに絞って、万人向けであることをアピールしているのだろう。

スポーツモデルは欲しいけれど、家庭の事情で4~5ドアの2ペダルでなければいけないというユーザーは多い。そういう人にとってポロGTIは、救世主に映るのではないだろうか。

新型ポロGTI新型ポロGTI新型ポロGTI新型ポロGTI新型ポロGTI
筆者: 森口 将之

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円