autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 海外試乗レポート/桂伸一 2ページ目

試乗レポート 2010/7/5 17:26

フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 海外試乗レポート/桂伸一(2/3)

フォルクスワーゲン 新型ポロGTI 海外試乗レポート/桂伸一

爽快な加速でいともあっさりと「200km/hオーバー」に達する

新型ポロGTI
新型ポロGTI新型ポロGTI

と、試乗の前にポロGTIの概要について。基本はコンパクトなポロのボディに環境対応のハイパフォーマンス直噴エンジン、1.4TSIツインチャージャーを搭載。

180ps/250Nmの出力を7速DSGで引き出し、0-100km/h加速「6.9秒」、最高速は「229km/h」に達しながら、燃費は最高値で「16.9km/L」、CO2排出量は「139g/km」に抑えられる。その動力性能をナマで感じた後に、省エネ度を知ると、驚かずにはいられない。

エンジン性能に対応して15ミリ低い車高にハードなサスペンションや、215/40R17にサイズアップしたタイヤ、派手な赤いキャリパーを含むブレーキ容量の拡大。控えめなエアロパーツ類もGTI専用品という、走行性能に拘ったスペシャルモデルだ。

さらに、伝統の赤いフチ取りのグリル、チェック柄のシート、GTIのロゴが飾られた内装が与えられている。

低回転は「スーパーチャージャー」で、中~高回転を「ターボ」で過給して大量の空気を強制的に送り込む1.4TSIエンジンの威力は、実に爽快だ。

新型ポロGTI

空港からアウトバーンに合流するループで、まずは小手調べ。ステアリング操作と同時に鼻先からコーナーのインに向かい、アールを嘗めるようにトレースする。

急激に高まる横Gを受けながら、100km/h(!)と驚くべき旋回速度を可能にするところにGTIのキャラクターが見える。まるで4WDか、と思わせるほど路面を捉えた安定姿勢でコーナリングしながら本線に合流する。

ターボの威力で底力のあるトルクが立ち上がり、体をシートバックに押し付ける。

変速ショックも変速時間もほぼ無いに等しい7速DSGが、加速力を一瞬たりとも途切れさせず、5速207km/hに達して6速にシフトアップ。あっさりオーバー200km/hで巡航を始める。それもディーゼルのような重低音サウンドを響かせて!!

ポロGTIはもちろんガソリン直噴エンジンだが、そのサウンドはゴルフGTIのように抜けの良い軽快なものとは違って“ディーゼル”感覚だ。

何故なのか、と、ニュル24時間レースに出場中のDrウルリヒ・ハッケンベルグ副社長に尋ねると、「欧州には“ディーゼル・スポーツ・サウンド”と呼ぶ独特の音色があり、ポロGTIは、敢えてゴルフGTIとは違うサウンドにチューニングしました」という。

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円