autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ポロ 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/7/28 18:00

フォルクスワーゲン ポロ 海外試乗レポート(3/3)

関連: フォルクスワーゲン ポロ Text: 竹岡 圭 Photo: フォルクスワーゲングループジャパン株式会社
フォルクスワーゲン ポロ 海外試乗レポート

最速モデルは、1.2L最小エンジン

VOLKSWAGEN POLOVOLKSWAGEN POLO

さて、パワートレインだが、最近のフォルクスワーゲンは小排気量化に力を入れている。

ポロにはガソリン×4、ディーゼル×3の計7種類のエンジンが用意されているが、どれも走る楽しさはスポイルせずに、燃費性能を念頭に置いたタイプだ。

そしてその中に、とうとう小排気量化もここまで来たか!と思えるようなエンジンが登場した。

それは4気筒1.2リットルTSIエンジン。

価格を抑えるために2バルブ化されたのが特長のひとつなのだが、コストとの兼ね合いはあったにしろ、決して安物というワケではない。組み合わされるのは7速DSGなのだが、いやはやコレが速いのなんの!

トルクも比較的小さめなためか、DSGとのマッチングも滑る感覚もなくて、問題ナシのGOODフィーリングだった。ちなみにポロGTIがやってくるまでは、こちらが最速モデルとなる(そういうポロGTIは1.4リットルのツインチャージャーが搭載される予定だ)。

日本への到着は来春と、ちょっと間があるのだが、ハンドリングもシャープでスッキリ!パドルシフトの組み合わせがないのが残念なくらい、ホットハッチという名が似合うくらいキビキビと楽しいモデルに仕上がっていた。

ひと足お先に日本にやってくるのが、1.4リットルMPIエンジン搭載モデル。

こちらは年内にも日本市場に登場する。7速DSGと組み合わされる予定だが、残念ながら今回の試乗はMT車のみだった。しかし、従来からあるエンジンの改良型なので信頼性も高く、ペダルレスポンスもよかったので、カタログ数値よりも底力が感じられた。

しかしこちらはホットハッチという雰囲気はまったく鳴りを潜めた、おとなしいコンフォートモデル。普段乗るにはこれで十二分な性能なのだが、包み隠さずに語ってしまうと、正直ワインディングでは、もう少しカチッとしたコーナリングを味わいたいな~なんていう場面もあった。

しかし重ね重ね街中では、ストローク感のある足回りが凸凹を吸収してくれて乗り心地は抜群、高速でも直進安定が高いので不安感はゼロ。

ラクに転がすことができるという、日常性能がメチャクチャ高いモデルだと言えるだろう。

また両者ともに特筆モノなのは、静粛性の高さ。今回のようなロングドライブでの快適性で照らし合わせると、2ランクくらい車格がアップしたと言ってもイイと思うくらいだ。

年内にやってくるのが今から待ち遠しい、幅広いユーザーに対応する太鼓判の1台だ。

筆者: 竹岡 圭

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円