autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 「もっともジャストなフォルクスワーゲン」 VW新型ポロが発売開始!|発表会レポート

新型車リリース速報 2018/3/22 11:39

「もっともジャストなフォルクスワーゲン」 VW新型ポロが発売開始!|発表会レポート(1/2)

関連: フォルクスワーゲン ポロ Text: ダブルクラッチ Photo: オートックワン編集部
画像ギャラリーはこちら

ボディサイズ拡大とホイールベース延長によって居住性が大幅に向上した新型ポロ

フォルクスワーゲングループジャパンは、およそ8年ぶりに「Polo(ポロ)」をフルモデルチェンジし2018年3月20日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーでの販売を開始した。1975年に初代が登場してから40年以上、世界で1400万台以上が生産されてきたベストセラーモデルであるポロ、日本でも1996年に本格的にデビューを果たして以降、累計25万台以上が輸入販売されてきた大人気の、日本のフォルクスワーゲンにおいても主力モデルの一台である。同日都内でプレス向け発表会が開かれ多くの報道関係者が集まり、その注目度の高さがうかがえるスタートとなった。

今回のモデルチェンジでの最大の話題は、この新型モデルからポロにおいても、近年進めているフォルクスワーゲングループのモジュラー戦略「MQB」によって開発されたということではないだろうか。これにより、効率的に開発が可能であるばかりか、上級モデルに採用されている先進安全技術も盛り込むことができ、ダイナミックなプロポーションとスマートなフォルムを手に入れ、何よりも、格段にキャビンの快適性、乗降性をはじめとするユーティリティーが向上している。

ホイールベースは従来モデルに比べ80mm長い2,550mmで、発表会を訪れた人の多くが「広い」ことに関する感嘆を思わず口に出すほど。居住性の向上は、このクルマに触れた誰もが明確に実感できる刷新ポイントだろう。またこの点は空間の快適性のみならず、特に後席足元の拡大に大きく寄与した。特に後席へのアクセス、乗降性の点においては目覚ましい進化を遂げている。にもかかわらず、全長は4060mmと従来モデルに比べ65mm長いだけに留めている点は評価できるポイントだ。

>>VW 新型ポロの詳しい写真を見る【画像50枚】

身長190センチの男性でも余裕のある4人乗車が可能になった

今回の発表会で司会を務めたのはテレビやラジオで数々の司会者として活躍するサッシャ氏。ドイツ人の父を持ち、自身も幼少期をドイツで過ごしたという彼にとって、フォルクスワーゲンは自動車の原体験であるという。身長190cmの大柄な彼と、やはり大柄なフォルクスワーゲングループジャパンのティルシェア社長が同時に壇上に展示された新型ポロの運転席、助手席に座ってその室内空間の広さを集まった報道陣にデモンストレーションする一幕も。190センチのサッシャ氏に合わせたドライビングポジションのままでサッシャ氏が運転席の真後ろの後席に座っても足元になおも残るゆとりがある点など、クラスの常識や先入観を打ち消す新型ポロのゆとりが披露された。

キャビンの大型化でラゲッジスペースも従来モデルより約25%に相当する71L拡大して、351Lとなる。発表会では折り畳み自転車が積まれたが、この増加量は言い替えれば、従来モデルに4人で乗車して出かけていた旅行に、もう一人、同じ荷物を持って加わった5人でも問題なく出かけられるということ。数字上のインパクト以上にかなり画期的なことではないだろうか。

ユーロNCAPで最高評価を得た安全性能を全グレードに標準装備

また、オールイン・セーフティー「安全性はすべてに優先する」という、フォルクスワーゲンの大切な理念を具現化する技術も惜しみなく搭載された新型ポロ。安全性能はユーロNCAPで最高評価の5星を獲得している点も、コンパクトカーだからこそ注目したい点だ。ベーシックグレードのTSIトレンドラインから標準装備される歩行者検知付きプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist(フロントアシスト)」やアクティブボンネットに始まり、事故を未然に防ぐ予防安全、万が一のダメージを軽減する衝突安全、事故が起きてしまった場合の被害を最小限にとどめる二次被害防止に至るまで、充実した内容をそろえる。

また発表会の会場には、コミュニケーションカラーであるエナジェティックオレンジメタリックのポロの内外装を、ポロ純正のホイール「ボンネビレ」をはじめとする純正アクセサリーで仕上げたよりスタイリッシュに仕上げたポロも展示された。

ダイナミックでシャープさも増したニューモデルは、どちらかと言うと男性的なイメージが強いが、実は約半数が女性ユーザーと言うポロ。そういう幅広いユーザーに、ますます自分だけのポロに仕上げてもらえるようなオリジナルアクセサリーもすでに用意されているのだ。

花柄のフロアマットや、実際に販売予定だという2トーンのシートカバーなどを纏ったポロは、まるでココアクリームとサワークリームを使い柑橘系ジュレを纏ったさわやかなケーキのようだ。こうしたところにも「まず見てほしい」、というフォルクスワーゲンのメッセージを感じずにはいられない。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2018/3/20~2018/4/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    209.8万円265万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    253.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円354万円