autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 VW パサート vs マツダ アテンザ どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/8/18 18:40

VW パサート vs マツダ アテンザ どっちが買い!?徹底比較(3/3)

VW パサート vs マツダ アテンザ どっちが買い!?徹底比較

パサート vs アテンザ/走行安定性比較

フォルクスワーゲン パサートマツダ アテンザセダン

パサートは現行型でプラットフォームを刷新。ボディ剛性、サスペンションやステアリングの取り付け剛性を高めた。

そのために走行安定性が大幅に進化したが、操舵感はあえて少し緩い設定に抑えた。なので内外装と同様、リラックスできる雰囲気を感じる。

峠道で機敏に曲がる性格ではないが、後輪を含めて接地性が高く、特に直進安定性が優れているのでドライバーは安心できる。

アテンザは今日のマツダ車に共通する味付けだ。Lサイズモデルだが小さな舵角から正確に反応し、欧州車でいえばBMWに似たところがある。

カーブでは、後輪の接地性と走行安定性を損なわない範囲で良く曲がり、適度に機敏な切れの良い運転感覚が特徴だ。

パサート vs アテンザ/乗り心地比較

フォルクスワーゲン パサートマツダ アテンザワゴン

先代パサートは路上のデコボコを伝えやすい面があり、少し粗さを感じた。Lサイズモデルを選ぶメリットがいまひとつ弱いと思えたが、新型はプラットフォームの刷新もあってかなり快適だ。大きめの段差を乗り越えた時のショックも巧みに抑えられ、フラットな印象に仕上げた。

乗り心地は新型パサートの大切な魅力になっている。17インチタイヤ装着車は、乗り心地と走行安定性のバランスが最も優れている。

アテンザは発売後に足まわりを改善して乗り心地を向上させた。特に17インチタイヤ装着車が快適だ。セダンは細かなデコボコから大きめの段差まで吸収性が優れている。19インチタイヤは機敏で走行安定性も良いが少し硬い。アテンザで乗り心地が最も快適なのは17インチを履いたセダンになる。

両車の乗り心地を17インチタイヤ装着車同士で比較すると、パサートが少し快適だ。

パサート vs アテンザ/安全・快適装備比較

パサートの安全装備は充実している。センサーはミリ波レーダーとカメラを併用。車両だけでなく歩行者も認識する。

レーダーセンサーはボディの後方にも装着され、ドライバーの死角に入る斜め後ろの並走車両も知らせてくれる。後退しながら車庫から出る時などの安全も確保した。

これらはすべて全グレードに標準装備。アテンザも標準、オプションの差はあるが、ほぼ同等の安全装備を装着できる。ただしカメラは路上の白線を読み取って車線逸脱の警報を行うにとどまり、歩行者を見分ける機能はない。

パサート vs アテンザ/燃費比較

フォルクスワーゲン パサートマツダ アテンザセダン

パサートの1.4リッターターボは、JC08モード燃費がセダン/ヴァリアントともに「20.4km/L」に達する。エコカー減税も自動車取得税が80%、同重量税が75%の減税となった。

アテンザで同等の動力性能を発揮する2.5リッターのガソリンエンジンは、JC08モード燃費がセダン、ワゴンともに「16km/L」。パサートに比べて数値が見劣りする。

エコカー減税は40/25%の減税だ。ガソリンエンジンの燃費性能と減税対応はパサートが勝る。

ただしアテンザでは、前述のように2.2リッターのクリーンディーゼルターボが人気。高い動力性能を発揮しながら、6速ATのJC08モード燃費はセダンが「20km/L」、ワゴンも「19.6km/L」と優れる。

エコカー減税は免税で、申請すれば12万円の補助金も交付される(2015年8月現在)。

パサート vs アテンザ/価格比較

パサートの買い得グレードはTSIコンフォートライン。前述の安全装備に加えて運転席の電動調節機能、17インチのアルミホイールなども備わり、価格はセダンが359万円、ヴァリアントが378万9900円だ。

アテンザの価格はセダン、ワゴンともに同額。2.5リッターで充実装備の25S・Lパッケージが333万1800円。ディーゼルのXDプロアクティブが317万5200円、XD・Lパッケージは374万2200円だ。

機能と価格のバランスを競えばアテンザが割安だが、パサートも装備の違いを補正して、アテンザのクリーンディーゼルターボと同程度に収まる。

日本車とドイツ車ではあるが、ライバル関係が成り立つ。

パサート vs アテンザ/総評~どっちが買い!?

フォルクスワーゲン パサートマツダ アテンザセダン

両車とも、さまざまな機能の持ち味が統一されている。

パサートは内外装のデザインから、居住空間の造り、走行性能、乗り心地まで、一貫してリラックスできる仕上がりだ。対するアテンザはすべてをスポーティに仕上げた。峠道などで「これは楽しい!」と思えるのはアテンザになる。

クリーンディーゼルターボの運転感覚も、クルマ好きにとっては魅力的な要素だろう。特に日本国内で「ディーゼル+4WD+6速MT」の組み合わせを選ぼうとすれば、セダンとワゴンならアテンザで決まりだ。

なので指向性が異なり優劣は付けられないが、幅広いユーザーが購入することを前提にすればパサートを推奨したい。

安全装備が充実していて、Lサイズモデルらしく長距離移動も快適。アテンザのようなスポーティ感覚はないが、多くの人達が「良いクルマ」と実感できるからだ。この2車種の乗り比べて結論を出すのも良いだろう。

VWとマツダのコンセプトの違い、統一の取れたクルマ造りの妙技も分かって興味深い。

フォルクスワーゲン パサート 関連ページ

マツダ アテンザ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン パサート の関連記事

フォルクスワーゲン パサートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサート の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサート の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円