autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗]フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」 ~ジェントルなパサートが”スポーツ”を手に入れた~ 3ページ目

試乗レポート 2016/10/6 11:25

[試乗]フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」 ~ジェントルなパサートが”スポーツ”を手に入れた~(3/4)

[試乗]フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」 ~ジェントルなパサートが”スポーツ”を手に入れた~

ゴルフGTIと同じハイパフォーマンスエンジンを搭載

フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」試乗レポート/嶋田智之フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」試乗レポート/嶋田智之

Rラインは従来からパサートとそのワゴン版であるパサートヴァリアントに設定されていたスポーティな位置づけのグレードだが、この9月から導入された新型のRラインは大幅なパフォーマンスアップを果たしている。何せ「ゴルフ GTI」と同じ220ps/4500-6200rpmと35.7kgm/1500-4400rpmの2.0TSIエンジンが搭載されているのだ。単純な数値を比較するなら、70psと10.2kgmのエクストラを手に入れたことになる。それに加えてアダプティブシャシーコントロールのDCCが標準で備わっている。

>>[画像80枚超]VW パサート「2.0TSI R-Line」フォトギャラリー

もちろん前後のバンパーやサイドスカートは専用にデザインされたものだし、ホイールは19インチに拡大されてるし、室内でも2トーンのスポーツシートや革巻きのステアリングなどが専用品になったりもしているけれど、そうした内外装に加えられたアレンジよりも、パフォーマンスの違いの方が大きく際立っているといえる。

段違いの力強さはロングドライブの疲労軽減にも有効

フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」試乗レポート/嶋田智之フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」試乗レポート/嶋田智之

加速感は、他のパサートと較べると段違いといえるくらい力強い。停止状態から穏やかにスタートするだけで違いが知れるほどだ。

厚みのあるトルクがスムーズにクルマを前に進ませていき、滑らかな伸びを見せ、途中から自然に立ち上がってきたパワーが力強さに弾みをつけていくような印象。1500回転から4400回転の間に絶え間なく湧き出す最大トルクと4500回転から6200回転の間ずっとキープできる最高出力のリレーションも巧み。

だから、ゆっくり流して走りたいときにはたっぷりとした余裕の中に身を置いているような感触を得られるし、ちょっとばかり熱い気持ちで走りたいときには盛り上がっている気持ちとシンクロする感じのパワーとスピードを提供して楽しませてくれる。

そのエクストラのパワーとトルクは、攻めるような走りとはあまり縁のないドライバーに対しても、ロングドライブのときの疲れを軽減させてくれるという意味で心強い味方になってくれるはずだ。

>>VW パサート「2.0TSI R-Line」フォトギャラリー[画像80枚超]

フォルクスワーゲン パサート 関連ページ

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン パサート の関連記事

フォルクスワーゲン パサートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサート の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサート の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円