autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗]フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」 ~ジェントルなパサートが”スポーツ”を手に入れた~ 2ページ目

試乗レポート 2016/10/6 11:25

[試乗]フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」 ~ジェントルなパサートが”スポーツ”を手に入れた~(2/4)

[試乗]フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」 ~ジェントルなパサートが”スポーツ”を手に入れた~

ベースモデルの1.4ターボでもなんら物足りなさなし

フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」試乗レポート/嶋田智之フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」試乗レポート/嶋田智之

もうひとつは、全長4.8m近く、全幅1.8m超の堂々たるボディを1.4リッターターボで走らせるというのに、物足りなさというものが全く感じられなかったことだ。

>>[画像80枚超]VW パサート「2.0TSI R-Line」フォトギャラリー

過分な速さというのはないのだが、低速域から思いのほか豊かなトルクが湧き出してきて、ドライバーの意志に忠実に仕事をこなしてくれる。街中ではもちろん高速道路に滑り込んでも、これで充分でしょ、と感じられるぐらいの好パフォーマンスを見せてくれたのだ。

ブランドのフラッグシップモデルが1.4リッターターボで楽々通用してしまうことに、あらためて驚きを感じさせられたものだった。

だがしかし・・・2.OTSIは格段にスポーティなテイストだった

フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」試乗レポート/嶋田智之フォルクスワーゲン パサート・パサートヴァリアント「2.0TSI R-Line」試乗レポート/嶋田智之

が、それはそれ、だ。

新たに2リッターターボを搭載したパサートを走らせてみたら、やっぱりこっちがいいな、と感じてしまったのだから単純なものである。ジェントルなドライバーなら従来からの1.4リッターターボ搭載モデルで何の不自由もないけれど、クルマによりスポーティなテイストを望むなら絶対にこっち。

そう感じさせるだけのものが、新しいパサート&パサートヴァリアント「2.0TSI Rライン」にあったのだ。

>>VW パサート「2.0TSI R-Line」フォトギャラリー[画像80枚超]

フォルクスワーゲン パサート 関連ページ

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン パサート の関連記事

フォルクスワーゲン パサートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサート の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサート の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円