autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン パサート TSI Highline BLUEMOTION 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/3/16 19:10

フォルクスワーゲン パサート TSI Highline BLUEMOTION 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/2)

関連: フォルクスワーゲン パサート Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン パサート TSI Highline BLUEMOTION 試乗レポート/渡辺陽一郎

こいつは経済的なファミリーカーになり得る!

フォルクスワーゲン パサート TSI Highline BLUEMOTION

乗り心地はどうか。ハイラインに装着される17インチタイヤ(コンチネンタル・スポーツコンタクト3)は、少々硬めに感じられる。柔軟性を求めるならコンフォートラインが履く16インチ(ブリヂストン・トランザER300)だが、タイヤが路面の上を転がる時に発するノイズが少々気になる。このあたりは一長一短だ。

それでもボディ剛性の高いLサイズのセダンらしく、17インチタイヤでも粗さは感じない。重厚感が伴い、快適に走れる。

操舵感は、フォルクスワーゲンらしく、機敏に曲がる性能よりも走行安定性を重視したタイプ。直進時からコーナリング、レーンチェンジまで、終始安心できる。初心者ドライバーからベテランまで、間口の広い設定だ。

フォルクスワーゲン パサート TSI Highline BLUEMOTION
フォルクスワーゲン パサート TSI Highline BLUEMOTIONフォルクスワーゲン パサート TSI Highline BLUEMOTION

ただし、2012年モデルでゴルフが操舵に対する正確性を高めたこともあり、パサートは少々古さを感じる。少しだけハンドルを切った時の反応など、やや曖昧な印象だ。

ちなみに現行型は2011年の登場とされるが、実質的には変更規模の大きなマイナーチェンジだった。1.4リッターのターボを装着したエンジンとのバランスで捉えると、シャシーは世代が古い。

それでもTSIハイラインブルーモーションが374万円、TSIコンフォートラインブルーモーションが324万円という価格も含め(カーナビはオプション設定だが)、割安といえるだろう。居住性もリアシートを含めて快適。優れた燃費性能と相まって、長距離を頻繁に移動するユーザーの経済的なファミリーカーになり得る。

気になる点を挙げるならば・・・

フォルクスワーゲン パサート TSI Highline BLUEMOTION

気になる点を挙げるならボディサイズ。全長が4785mm、全幅が1820mmの寸法は、日本で使うセダンとしては大柄だ。特にマンションなど集合住宅の駐車場では、利用しにくい面もある。

パサートの端正なボディスタイルをサイズダウンしたような、ジェッタのバージョンアップ版があると良い。最近は国産ミドルサイズセダンの設計が一様に古くなったから、上質で運転のしやすいセダンを求めるユーザーに歓迎される。

北米で発売された新しいジェッタのサイズは、全長が4630mmで全幅は1780mm。このサイズであれば、日本でも持て余す心配はない。ぜひ導入して欲しい。

フォルクスワーゲン パサート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン パサート の関連記事

フォルクスワーゲン パサートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサート の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサート の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円