autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ジェッタ 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2005/9/6 11:27

フォルクスワーゲン ジェッタ 海外試乗レポート(3/3)

関連: フォルクスワーゲン ジェッタ Text: 竹岡 圭 Photo: フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン
フォルクスワーゲン ジェッタ 海外試乗レポート

ゴルフよりもスポーティでキビキビした走り

今回のジェッタの本国ラインナップとしては、ナント7種類ものエンジンが用意されているんだとか。ガソリンエンジン7種類、ディーゼルエンジン2種類。そして、MT、AT、DSGが組み合わされているというのだから、すごく幅広くチョイスできるんですよね。

でも、このうち日本にやってくるのは、1.6Lと2.0LのいずれもFSIのガソリンエンジンモデルにATが組み合わされたもののみになる予定とのこと。残念ながら今回の試乗車には、この組み合わせはなかったりして、1.6LのMTと2.0LのMT、そして1.9LTDI(ディーゼルエンジン)にDSG、2.0LTDIにMTという、都合4台のモデルに試乗することになりました。

全体的な印象として感じたのは、ゴルフよりもスポーティだということ。現行ゴルフは、かなり安心感や安定感の強いテイストになっていると思うのですが、ジェッタはもう少しキビキビとした印象といえばいいでしょうか。

中でもいちばんスポーティな印象が強かったのは、ディーゼルモデル。欧州では、ガソリンモデルに比べてディーゼルモデルのほうが、スポーティグレードとして位置づけられているようなんですね。

そのディーゼルエンジンは進化が目覚しくて、2.0Lモデルよりも、新しい1.9Lモデルのほうが、パワフルでレスポンスもよく、音も静かといいことづくめ。DSGとの相性もよかったし、早い話が楽しかったんですよ。こんないいディーゼルエンジンならば、日本でも是非ディーゼルの復権を望みたいところだなぁなんて思ってしまうくらいでした。 ガソリンエンジンのほうは、さすがに、このボディの大きさに1.6Lエンジンだと、アウトバーンを最高速でカッ飛ばすには、もう少しパワーが欲しいと思ってしまったけれど、日本の道路をクルージングするには、十二分という感じ。ドドドーッというのしていくようなトルク感こそないものの、低回転から十分に粘り強さを発揮してくれるし、上のほうまでフワーッと回ってくれるという感じ。特に高回転域の軽さが気持ちよくて、乗っていて楽しさを覚えさせてくれるという感じでした。

2.0Lモデルのほうが、もちろんパワフルさは上だけれど、実はこちらの試乗車はスポーツラインというモデルだったために、ちょびっとハード。15mmローダウン化が図られ、17インチタイヤが履かされていたので、高速ではピタッと落ち着いていい感じなんだけれど、低速では少々ゴツゴツ感を感じてしまうんですよね。街中をメインならば、トレンドラインやコンフォートラインといった、ノーマル系の足回りのほうがオススメといっていいでしょう。

全体的に、高いパフォーマンスで、楽しませてくれたジェッタ。セダンはちょっと年齢的にまだまだ・・・、と思っている人にも、これならいいかな?と思わせてしまうような、利便性の高さと適度に上品な雰囲気を持っているので、日本に入ってきての反応が、いまから楽しみです。

筆者: 竹岡 圭

フォルクスワーゲン ジェッタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ジェッタ の関連記事

フォルクスワーゲン ジェッタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ジェッタ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ジェッタ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円