autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ジェッタハイブリッド 海外試乗レポート/藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2013/3/19 21:40

フォルクスワーゲン ジェッタハイブリッド 海外試乗レポート/藤島知子(2/2)

関連: フォルクスワーゲン ジェッタ Text: 藤島 知子 Photo: フォルクスワーゲングループジャパン
フォルクスワーゲン ジェッタハイブリッド 海外試乗レポート/藤島知子

ワクワクする走りを堪能させてくれるモデル

フォルクスワーゲン ジェッタハイブリッドフォルクスワーゲン ジェッタハイブリッド

メーターに目を向けると、ハイブリッドカー専用のレイアウトになっていることに気づく。通常は回転計の位置に当たるアナログメーターはエンジン『OFF』の状態や減速エネルギーの回生を示す『CHARGE』、燃料消費が少ないアクセルの踏み込み状況を示す『ECO』、アクセルを踏み込んだ際に指す『BOOST』が刻まれているのもハイブリッド仕様ならではのポイントといえる。

視覚的に燃費とパフォーマンスを意識しながら走れることも、クルマと息を合わせて走っているようで楽しく感じられた。

高速の合流でアクセルペダルを踏み込んでみると、メーターの針が『BOOST』側に振られるのと同時にエンジンはレスポンスよく吹け上がり、持ち前のパフォーマンスをストレスなく発揮してくれた。ハイブリッドカーながら加速時はワイルドな高揚感をみせてくれるあたりはスポーツセダン的で、走りの気持ちよさが備わっている。

ただ、一点気になったのはブレーキ時のエネルギーを回収する回生ブレーキはペダルの踏み込み量に対して後からキューッと効いてみたりするなど、ドライバーのペダルワークに繊細な操作が求められる点がいまひとつという印象を受けた。このあたりはトゥアレグ ハイブリッドも同様だが、より自然な走行感覚を求める意味でも、リニア感の追求は今後の改善に期待したい。

低燃費車でありながら、持ち前のパフォーマンスを気持ちよく披露してくれるジェッタ ハイブリッド。パサートのような品行方正な走りをみせるモデルと比較すると、ジェッタ ハイブリッドはワクワクする走りを堪能させてくれる点が印象に残るモデルだった。

フォルクスワーゲン ジェッタハイブリッドフォルクスワーゲン ジェッタハイブリッドフォルクスワーゲン ジェッタハイブリッドフォルクスワーゲン ジェッタハイブリッドフォルクスワーゲン ジェッタハイブリッド
フォルクスワーゲン ジェッタハイブリッドフォルクスワーゲン ジェッタハイブリッド

フォルクスワーゲンの開発者は『静粛性の改善についてはフォルクスワーゲンの他のモデルにも共通するテーマだ』と今後の抱負を語っていたが、モーター走行時やロードノイズの遮音性など、現状では日本車のハイブリッドカーの方が静かに感じる部分があるのも事実だ。

エンジン+モーターのパワーユニットをディーゼルエンジンや高効率なガソリンエンジンと同等のパワートレーンとして受け止めるなら話は別だが、ハイブリッドカーの特徴ともいえるモーター走行、エンジンのビートを心地よく伝えることなど、聴かせる音と抑えるべき音のコントラストにもっとメリハリが効いてくると、ハイブリッドカーに乗っているというインパクトをもっと強く感じることができそうだと思った。

効率にこだわるフォルクスワーゲンが提案するハイブリッドモデル。今後は日本メーカーが提案するクルマといい意味で競い合いになっていくことが楽しみだ。より良いクルマづくりには違った性格をもつライバルが必要である。個々のメーカーの強みを生かした作品づくりに期待したい。

筆者: 藤島 知子

フォルクスワーゲン ジェッタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ジェッタ の関連記事

フォルクスワーゲン ジェッタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ジェッタ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ジェッタ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円