autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型ゴルフトゥーラン 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/12/17 10:40

フォルクスワーゲン 新型ゴルフトゥーラン 試乗レポート(2/2)

フォルクスワーゲン 新型ゴルフトゥーラン 試乗レポート

走りは申し分ないものの唐突な加速感に不満が

新型ゴルフトゥーラン

新型トゥーランの車重は1,580kgと、同じエンジンを積む旧型トレンドラインより20kgだけ軽くなった。よって1.4Lツインチャージエンジンと7速DSGによる加速は、1名乗車ではまったく不満がなかった。

過給機によるトルクの立ち上がりは、少しなだらかになったような気がした。これがスペック上で、最大トルクの発生回転数が250rpm低下したことに結びついているのだろう。

しかしながら、DSGに使われる乾式クラッチがあいかわらず唐突につながるので、スムーズな発進や加速はむずかしい。

とくに急ぐ気はないのに発進でホイールスピンを発生するというのは、元気ではあるが上品とはいえない。同時に乗ったティグアンは、同じ7速ながら湿式クラッチを用いた新開発DSGを搭載したおかげで、はるかになめらかな加速を演じていた。

1日も早くこの湿式DSGの採用をお願いしておきたい。

新型ゴルフトゥーラン
新型ゴルフトゥーラン新型ゴルフトゥーラン

サスペンションはミニバンとしてはけっこう固めだが、それは街中に限った話で、50~60km/hまでスピードアップすれば不快ではない。

ボディの剛性感はVWらしく強靭と呼べるレベルだった。電動パワーステアリングの操舵感はしっとりなめらか。剛性感にあふれるからこそスムーズに動くのだろう。国産ミニバンでは求め得ないレベルだ。

ハンドリングも同様で、ミニバンらしからぬペースまで追い込んでも前輪は悲鳴を上げず、途中でアクセルをゆるめてもリアのグリップは安定している。

実用車としてみれば、重く渋いシートアレンジや唐突な加速感に不満が残るトゥーランであるが、走りに関してはこのクラスのミニバンでトップレベルにあること。

どの部分を重視するかによって、評価は大きく変わってくるだろう。

筆者: 森口 将之

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円