autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2016/1/12 11:54

フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/5)

フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎

[使い勝手:2列目席]席は3名用それぞれに独立分割される

フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎

2列目のシートは、欧州車に多いパターンで3名分に区分されている。2列目に2名で座ると使われない空間が生じるが、チャイルドシートを装着した時などは便利だ。中央にセットしたとすれば、両側に大人が同乗できる。

また2/3列目と助手席は、背もたれを水平になるまで倒してフラットな荷室に変更できる。2列目が3分割されていると、左側は助手席まで畳んで長い荷物を積み、その右側に乗員が座れるので使いやすい。

空間効率を高めるために、2列目も床と座面の間隔が離れている。奥行寸法も十分にあり、日本車に比べると座り心地が硬めだが、ドイツ車の後部座席としては柔軟な部類だ。肩まわりのサポート性も良い。

[使い勝手:3列目席]2列目を少し前へスライドさせれば大人の乗車も可能

フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎
フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎

2列目にもスライド機能が備わり、後端まで寄せると、身長170cmの大人4名が乗車して、2列目に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半程度に達する。頭上にも握りコブシ1つ分の余裕があるから、ゆったりした印象だ。

ただし2列目が後端にスライドされていると、3列目の足元空間をほとんど確保できない。

そこで2列目を前に寄せていくと、膝先空間が握りコブシ1つ分まで詰められた。1列目の下に十分な余裕があり、2列目に座る乗員の足が収まりやすいからだ。この状態であれば、3列目にどうにか座れる。

とはいえ膝先のゆとりはわずかで、3列目は床と座面の間隔が極端に乏しいから膝が大きく持ち上がる。座面には相応の柔軟性があるが、窮屈なのは否めない。

年に数回レベルで3列目シートを利用する使い方にハマる

フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎フォルクスワーゲン 新型 ゴルフトゥーラン「TSI コンフォートライン」 試乗レポート/渡辺陽一郎

新型ゴルフトゥーランの3列目を国産のミニバンに当てはめると、居住性はプレマシーあたりと同等だ。狭いものの補助席という印象ではなく、片道45分程度の距離であれば大人7名の乗車も可能だろう。

なので、通常は5名以下の乗車で使い、1年に数回、短距離を多人数で移動する用途であれば合理的な選択になり得る。天井の高いミニバンを買うと、通常の走行で広い車内を持て余すからだ。

2列目にはイージーエントリー機能が備わって便利に使える。座面の前方が下がるように前側へスライドするから、リアドアの間口が広がり、3列目の乗降性がサポートされる。

[VW車らしい走りの良さは受け継がれているか・・・次ページへ続く]

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円