autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 装備・価格バランスはアルヴェルやオデッセイなど国産ミニバン並に!「VW 新型ゴルフトゥーラン」[徹底解説]

新型車解説 2016/1/12 16:56

装備・価格バランスはアルヴェルやオデッセイなど国産ミニバン並に!「VW 新型ゴルフトゥーラン」[徹底解説](1/3)

装備・価格バランスはアルヴェルやオデッセイなど国産ミニバン並に!「VW 新型ゴルフトゥーラン」[徹底解説]

本題のゴルフトゥーランの解説へと入る前に・・・

フォルクスワーゲン 新型ゴルフトゥーラン

新型「フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン」が、2016年1月12日に発表されたが、ゴルフトゥーランの解説へ入るまえに、先般のディーゼルエンジン搭載車に関する排出ガス規制の不正問題について触れておきたい。

この問題は、いまだに解決していない。フォルクスワーゲンの途中経過報告によると、

「2005年に(フォルクスワーゲンは)米国でディーゼル車攻勢をかける戦略を決定。ただし該当するEA189型エンジンについて、与えられた期間と予算の中で米国の窒素酸化物(NOx)規制に適合させることが不可能だと判明。

このことが違法なソフトウェアを使用するきっかけになり、試験中と検知すると、AdBlue(尿素)を多く噴射して窒素酸化物を減らし、路上を走る時はこの制御を無効化した」

という趣旨になるが、この説明では制御を無効化した理由、つまり試験に適合する状態で路上を走らせた時にどのような不都合が生じるのかは述べられていない。

例えば排出ガス処理装置の耐久性に心配がある、AdBlueの消費量が増える、動力性能や燃費性能が悪化するなど、いろいろな推測が成り立つが、まずはフォルクスワーゲンがそこを明確にすることが不可欠だ。

そして、再発防止策も不明瞭。権限を分散した形で経営を行う、よりオープンな議論を行って密接に協力するといった説明は見られるが、具体性に欠ける。

今後の展開として「外部調査の最新状況を2016年4月21日の年次総会で説明する」としており、現時点では解決には至っていない。

一般ユーザーに向けたフォルクスワーゲンのホームページでも「最終的な原因解明までには、もう少し時間をいただく」となっている。自動車メーカーに限らず、企業に不祥事が生じた後の対応で良くないのは、「原因/具体的な事実関係/再発防止策」の3点が、消費者に分かりやすく発信されないことだ。

安全装備などのメカニズムは、子供にも分かりやすいように図解などを入れて平易に解説するのに、不祥事の対策は専門家向けで消費者には難解な説明になることが多い。これでは消費者の不信は払拭されず、いくら優れた商品を発売しても正当に評価されない。

企業にとにとhɈ古gen/索りやすく発信されないことだ。

安全装csの不信はreportrs/1042022を発売して targe_blaage/tran国甪ton" ポと(24)ことだ。

<はine tgen/css="section-co明ン>

id="> googletag.cmd.push(funlkswa() { googletag.display('> googletag.cmd.push(funlkswa() { googletag.display('><2"なwidth="100%"f="http tp://autoc-one.jp/officialAccount="secない。<おass="05/p当にが〗 <

と5/pdiv><き" width="45" 匂これでは消費者の不信は払拭されず、いくsbm_i.pnー にな きれ公式 /><おass="05/p当にが〗 <

と5/pdiv><きにな > ーゲンiframe 化しこれでwww.facebook./0/plus"ke.php?化にはwww.facebook./不ONE&layout=、_count&show_faces=true&width=450&alkswa=ke&colorscheme=ght&heght=21&locale=ja_JP" 化しcrolg="no" frameborder="0" 化しty border: n; overflow: hidden; width: 120px; heght: 21px;" 化しueowT性parency="true"f="iframef=" ーゲンい。

twitss./不ONE"-one.jp/twitss-foeow-、" 化なshow-count="true"なlag="ja" 化なshow-creen-name>p当にがこ-