autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲンの日本戦略、次なる一手/フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック TSI 4MOTION 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/8/4 10:58

フォルクスワーゲンの日本戦略、次なる一手/フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック TSI 4MOTION 試乗レポート(2/4)

フォルクスワーゲンの日本戦略、次なる一手/フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック TSI 4MOTION 試乗レポート

単なるSUV「風」ではなく、本格的な4WDシステムも備える意欲作

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック TSI 4MOTION 試乗レポート/渡辺陽一郎フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック TSI 4MOTION 試乗レポート/渡辺陽一郎

ゴルフオールトラックは、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」をベースにしたSUV風のモデル。日本車でいえば、「スバル インプレッサスポーツ」をベースに「XV」を造るような手法で開発された。外装ではブラックのホイールハウスエクステンション、アンダーガード風の樹脂パーツなどを装着してドレスアップを施している。

サスペンションも異なり、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は165mmだから、ゴルフヴァリアントに比べて25mm高い。一般的にSUVの最低地上高は180~200mmで、165mmでは「悪路に強い」とはいえないが、ゴルフヴァリアントに比べれば多少のデコボコを乗り越えやすい。

オールトラックの車名が示すように、駆動方式は4WDシステム「4MOTION」を採用している。4WDはハルデックスカップリングと呼ばれるタイプだ。前輪駆動をベースにしながら、電子制御される油圧多板クラッチを前後輪の駆動系の間に装着して、クラッチの締結力を変えることで後輪へ最適な駆動力を伝達する。

ゴルフシリーズ初の最新1.8リッターターボエンジンを搭載

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック TSI 4MOTION 試乗レポート/渡辺陽一郎

そして注目されるのがエンジン。従来型のゴルフは、直列4気筒の1.2リッターと1.4リッターのターボが基本で、GTIとRには2リッターターボを搭載する。ところがオールトラックは、1.8リッターのターボを積む。チューニングは異なるものの、ポロGTIと同じタイプだ。基本的には「CC」とも共通だが、オールトラックやポロGTIの1.8リッターターボは世代が新しく、アイドリングストップなども備える。

1.8リッターターボの動力性能は、最高出力が180馬力(4500~6200回転)、最大トルクは28.6kg-m(1350~4500回転)。ゴルフヴァリアント TSIハイラインが搭載する1.4リッターターボに比べると、40馬力/3.1kg-mの上乗せになった。

[気になる1.8ターボ+4WDの走りは・・・次ページへ続く]

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円