autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/松下宏

ベストバイカー 2009/7/17 10:20

2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/松下宏

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ , BMW Z4 , アルファ ロメオ ミト Text: 松下 宏 Photo: フォルクスワーゲングループジャパン(株)/村西一海/BMW Japan
2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/松下宏

トータルベストカー/フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲンゴルフ フロントスタイル
フォルクスワーゲンゴルフ フロントアップフォルクスワーゲンゴルフ テールランプ

今年上半期のイチ推しはゴルフ。

従来のモデルからキャリーオーバーした部分が多いために、マイナーチェンジと揶揄されることもあるゴルフVIだが、逆に熟成が進んで良くなった面がたくさんある。

直噴エンジンに、ターボやスーパーチャージャーを装着したTSIエンジンの良さはすでに定評があるところ。

トルク感いっぱいで良く走るし、実用燃費に優れる点も注目されるところだ。

このほか、今回のゴルフでは静粛性の高さや快適性が強調されている。

防音性能に優れたガラスを採用するなど、これまでの欧州車が必ずしも積極的に取り組まなかったことも取り組んでいる。

日本市場向けに開発されたカーナビを用意することも含めて、トータルで魅力的なクルマだ。

ベストドライビングカー/BMW Z4

BMW Z4 走行
BMW Z4 走行BMW Z4 サイド

走りの軽快感や爽快感で、群を抜く存在となるのがBMWのZ4だ。

直列6気筒3.0Lの直噴+バラレルツインターボのエンジンは、アクセルを軽く踏み込むだけで低速域から豊かなトルクを感じさせるとともに、踏み込み量に応じて滑らかにタコメーターの針が立ち上がり、気持ち良くパワーが伸びていく。

このエンジンは、文字通り絶品ともいえるエンジンだ。

乗り心地を損なうことなく、高い操縦安定性を発揮する足回りの良さも特筆モノ。

試乗車から降りて改めて確認するまで、ランフラットタイヤを装着したモデルであることが信じられないくらいだった。

オープンボディの爽快さと、クローズドボディの快適性を合わせ持つのも魅力の要素だ。

ベストデザインカー/アルファロメオ MiTo

アルファロメオ Mito 走行
アルファロメオ Mito ドア・ラゲッジ開アルファロメオ Mito インパネ

イタリア車のデザインには、ほかの国のクルマとは明らかに違った個性がある。

これはアルファに限ったことではないが、アルファのデザインは特にその印象が強い。

古くからアルファが特徴とし、最近のアルファにも共通するものとして、バンパーに食い込む盾型のグリルがあるが、これはほかのどのクルマにもまねのできないものだ。

MiToはその特徴を受け継ぐとともに、丸形のヘッドライトやテールランプがベイビーアルファにふさわしいファニーな感覚を表現するなど、またひと味違ったデザインに仕上げられている。

エクステリアだけでなく、インテリア周りの雰囲気も独特のものがあり、アルファでなければできないクルマだ。

筆者: 松下 宏

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

BMW Z4 関連ページ

アルファ ロメオ ミト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円