フォルクスワーゲン ゴルフ  &  ザ・ビートル  &  up! 参加者たちの笑顔が溢れる愉しいイベント

記事・レポート 特集 イベントレポート 参加者たちの笑顔が溢れる愉しいイベント

【イベント】「Volkswagen Fest(フォルクスワーゲン フェスト) 2014」in富士スピードウェイ イベントレポート (2/2)

この記事に登場する車: フォルクスワーゲン ゴルフ | フォルクスワーゲン ザ・ビートル | フォルクスワーゲン up!

Text :
Photo:
永田恵一・フォルクスワーゲングループジャパン
参加者たちの笑顔が溢れる愉しいイベント

Volkswagen Fest 2014【「見る」編】

■歴代ゴルフ展示

現行型となる7代目ゴルフVIIが日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことを記念して、初代から6代目「ゴルフVI」までの歴代ゴルフ、ゴルフVIIのCMキャラクターだったサザンオールスターズのメンバーのサインが入ったゴルフVIIなどが展示されていた。

私ごとで恐縮だが、私の実家がゴルフIとゴルフIIをそれぞれ2台、ゴルフIIIと合計5台のゴルフを乗り継いでいる。文字通り「VWで育った私」としては懐かしさと、改めてゴルフがいろいろな意味でクルマのベンチマーク、お手本であることを再認識した。

■ヒストリックVW展示

展示されていたのはVWの空冷エンジンを使った入門フォーミュラの 「フォーミュラVee」「キャルルック」 と呼ばれるカスタマイズされた空冷ビートル、メキシコオリンピックのセレモニー用としてボディがワイヤーフレームで作られた 「ウェディングVW」 、幻と呼ばれている2シーターの空冷ビートルカブリオレと呼ばれている 「VWへブミュラー」 、VWが基本構造を空冷エンジンRRから水冷エンジンFFという大変革した 「K70」 の5台。こういったモデルを見ると、改めてVWというメーカーの歴史の長さなどを再認識した。

■ストリートVWsチャレンジ

お昼には本コースのホームストレートを使った空冷VWによるドラッグレースが行なわれた。トコトコと走るイメージが強い空冷VWだが、エンジンチューニングなど実は秘めたポテンシャルは高く、爆音を轟かせながらホームストレートは爆走する姿とギャップは圧巻であった。

フォルクスワーゲン フェスト2014のエンディングは、ザ・ビートルカブリオレを先頭に、ブルー系、ホワイトとシルバー、レッド系に色分けされた一般ユーザーの339台ものフォルクスワーゲン車が富士スピードウェイ本コースを周回するパレードラン。嬉しそうに愛車を走らせるユーザーたちの満面の笑みで、イベントは幕を閉じた。

このイベントで改めて強く感じたのが、VWが人で例えるなら「まったく隙がなくて一見つまらない人のようにも見えるけど、懐も深くて楽しいところもたくさん持っている。だからみんなから好かれる」ブランドであるということであった。多くの来場者の楽しそうな顔を見ると、このイベントはVWのそういった部分を象徴していたのではないかと思う。駐車場を見てもVWに交じってVW以外のクルマも意外に多く、VWへの注目の高さが見受けられた。6年間のブランクもあったが、このイベントが「VWで一日中楽しめる日」と末