autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ 海外試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2011/6/11 00:00

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ 海外試乗レポート/小沢コージ(2/4)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 小沢 コージ Photo: フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン
フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ 海外試乗レポート/小沢コージ

サントロペが似合うムードに

新型ゴルフカブリオレ
新型ゴルフカブリオレ新型ゴルフカブリオレ

試乗の舞台は、なんともイヤらしい大人オーラを放つ、南仏ニースに近い世界の保養地サントロペ。

個人的にはカトリーヌ・ド・ヌーブとかブリジッド・バルドーとか、適当言うと『エマニエル夫人』な若干エロなイメージで、これまたゴルフ カブリオレの変貌を思わせる。

やっぱり、“軟派”転向か?

現物を見て、まず驚くのはそのスタイリッシュぶり。

ベースは当然“史上最強のゴルフ”こと現行ゴルフⅥだが、サイズは全高4,250×全幅1,780×全高1,420ミリで、ベース車より40ミリほど長いが、65ミリも低い。

その上、同じくゴルフをベースに数年前に出た先輩こと「イオス」より全長が17センチも短い。

具体的にフロントウィンドウはより寝かされて短くなっており、リアも驚くほど寝ている。

空力はともかく、室内の広さはこんなんで大丈夫か?と思いきや、心配ご無用。その為のソフトトップ採用だった。というのも少し考えれば分かるが、流行りのハードトップに比べてよりコンパクトに素早く畳めるのだ。

新型ゴルフカブリオレ
新型ゴルフカブリオレ新型ゴルフカブリオレ

事実、新型カブリオレの電動開閉は実に「9秒」!

恐ろしく速い上に、折り畳んでもリアシートの頭の後ろに小さく収納できる。おかげで全長をイオスより短くすることができたわけだ。

しかも、今のソフトトップは耐候性が悪いわけがないから、初代より少ない3層構造でも雨はもちろん、音や振動の進入も十分防げる。

オマケに今回は布でありながら、縫い目の形状を工夫して、レインレールとなるようになっているから、雨の日の降りかかりも少ない。

唯一、運転席に座っていると、屋根を閉じた時の天井の低さが気になるが、それでも最近のハードトップオープンの“CC系”ほどは気にならないし、すぐに慣れる。

それ以上に、リアシートの広さは驚異的だ。

身長176センチの私が前に座ったポジションで、リアにも座れる。背もたれは多少立っているが、足元は十二分に広い。トランクも、屋根を開けてようが閉めてようが容量が250リッターもあり、車内持ち込み用トランクが縦に2つ並べて入るのには驚いた。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円