autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/金子浩久 2ページ目

試乗レポート 2010/4/14 16:27

フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/金子浩久(2/2)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/金子浩久

乗り心地やボディ剛性、静粛性は6代目ゴルフそのもの

ゴルフ TSIトレンドライン
ゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドライン

ゴルフ1.2TSIの運転席に座ってみても「コンフォートライン」や「ハイライン」など、1.4リッターTSIエンジンを搭載する他のモデルとの違いは、ほとんどない。

1.2TSIに限ったことではないが、目新しいのは、メーターパネル中央のマルチインフォメーションディスプレイ画面の解像度が上がり、とても見やすくなったことだ。

たっぷりしたサイズで、脚部の横からも膝裏からもしっかりと支えてくれるシートが、実に頼もしい。いつの世代のゴルフでも、「ああ、ゴルフに乗っているな」という安心感が伝わってくる瞬間だ。

走り出しは、実にスムーズだ。1.2リッターとは思えないほどの加速感がある。DSGの変速も、滑らか。

1速からスタートし、ショックを感じさせないまま、素早く2速、3速へシフトアップしていく。試乗会場となったパシフィコ横浜から幹線道路に出たところでスロットルペダルを一定に戻したところでインジケーターを見たら、すでに6速に入っていた。なんという早業だろう。

ゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドライン

みなとみらいから首都高速湾岸線に乗り、横浜横須賀道路方面へ向かう。シフトレバーを通常走行用の“D”モードに入れて走ると、80km/hにも達しないうちに、DSGはトップの7速に入る。

そこまで、変速のショックは皆無な上に、つながり方も速い。スパスパッと変わっていって、インジケーターで確認しないとわからないほどだ。

“S”モードで走ると、各ギアで高回転域まで引っ張って加速する。燃費よりも、動力性能優先の設定だ。山道などで重宝するだろう。

ゴルフの美点である、ガッシリとしたボディ、しっかりとした乗り心地などに磨きが掛けられている。6世代目に当たるゴルフの特徴である静粛性の高さも変わらない。高速走行が、実に快適だ。

インジケーターに表示される瞬間燃費は、14km/Lを前後している。

試乗会場に戻ってくる途中の一般道の一時停止で、DSGを試してみた。これまでのDSGは、安全を優先するために、左足でブレーキを踏みながら発進しようとすると、過剰なまでにエンジン回転を上げないように設定されていた。

左足ブレーキは運転の大原則からは外れるが、見通しの悪い一時停止やヨーロッパのラウンダバウトなどでは使わざるを得ない時がある。

その場合に、時に失速したのかと慌てることがあったが、このゴルフ1.2TSIでは自然な感じに改められていた。会場に戻ってインジケーターを見たら、燃費は14.8km/Lだった。

燃費も優れているが、1.2TSIに乗ってゴルフというクルマの持つ総合的なポテンシャルの高さに改めて気付かされた。

何かひとつが突出することなく、ファミリーカーに求められる要素を高いレベルで実現している。あらゆる要求に応えられるので、長く乗り続けるのに好適な一台だ。

ゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドライン
筆者: 金子 浩久

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円