autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2010/4/9 10:54

フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎

1.2リッターながら力強い加速感と安定した高速走行

ゴルフ 1.2TSI トレンドラインを実際にドライブした率直な第一印象は、「これで十分」というものだった。

1.4リッターに比べると全体的にトルクの薄さを感じるものの、何ら実用上の不足はない。アクセルペダルをゆるく踏み込んでもスーッと軽やかに前に進んでいくし、大きめに踏み込めば、的確かつ瞬時にキックダウンして力強く加速する。

ゴルフ TSIトレンドライン
ゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドライン

高速走行でも、小排気量のエンジンとはいえ、過給機の付く強みで動力性能にまったく不満はない。むしろ高速走行のほうが得意といった印象だ。

定常時の燃料消費をミニマムに抑え、必要なときには十分なパワーを発揮させるという、VWのダウンサイジングコンセプトの、現時点でのひとつの到達点といえるだろう。

ちなみに、7速100km/h巡航時のエンジン回転数は2,000回転の少し上だ。10・15モード燃費のカタログ値は、1.4リッターTSIシングルターボエンジンを積むコンフォートラインが16.4km/Lであるのに対し、トレンドラインが17.0km/L。

あくまで予想なのだが、実際にはもっと差がつくのではないかという感触だった。ただし、いずれもハイオク仕様であることを断っておこう。

DSGがもたらす途切れのないシフトチェンジは、相変わらず気持ちよい。シフトダウンもアップも瞬時に、自由自在に行える。

また、ポロに比べるとエンジンやDSGの作動音などパワートレイン系の、室内への音の侵入もよく抑えられている。ただし、微低速での扱いやすさについては、まだ課題も残っている。

乾式クラッチを持つ同DSGは、クリープの制御がより自然になり、上り勾配でのゼロスタートで下がることもなくなるなど、着実に進化していることはよくわかったが、動き始めに若干の引っかかり感があるのだ。

まだ世に出てからあまり時間しか経過していない中で、ずいぶんと早く進化したのは重々わかるのだが、いずれはさらに洗練されることに期待したい。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円