autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2010/4/9 10:54

フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎(1/3)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎

売れ行き好調のゴルフに1.2リッターモデルが登場

ゴルフ TSIトレンドライン

2009年に、ゴルフ、ポロといった主力車種が相次いでモデルチェンジしたフォルクスワーゲン(以下VW)は、不況により落ち込んだとはいえ、日本での輸入車販売台数ナンバーワンの座を堅持。

中でも屋台骨のゴルフは、VW車が2010年3月に販売した6,252台の6割(約3,800台)を占めるという好調ぶりだ。

ゴルフはワイドバリエーションも特徴の一つで、2010年初頭には500万円オーバーのゴルフRが発売されたばかりだが、今回発売されたのは正反対のエントリーモデル「トレンドライン」。

ゴルフ TSIトレンドライン

これまでの売れ筋であるコンフォートラインよりも、さらに21万円安となる257万円という車両価格が付けられており、エコカー減税・補助により最大で38万3,700円がマイナスされると、なんと218万6,300円となる。

トレンドライン最大の特徴は、新開発の「1.2リッターTSIエンジン」を搭載することだ。VWというと、このクラスで1.4リッターというのに驚かされたのもそう遠い話ではないが、今度はさらに小さい1.2リッターである。

同エンジンは、200ccの排気量ダウンに加え、ヘッドがDOHC4バルブからSOHC2バルブへと、よりシンプルになっている。部品点数を減らしたほかにも、フリクションの低減やオイルポンプを小型化するなど簡素化している。

しかも1.4リッターシングルチャージャーエンジンに対し、リッターあたりで比べると、出力はほぼ同等で、トルクはむしろ微増となっているというから感心させられる。

そして、既存のTSIエンジンと同様に、1,550回転という低回転域から4,100rpmまでの幅広い領域で最大トルクを発生する。技術の進化たるや恐るべし、である。

ゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドライン

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円