autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフR 試乗レポート/日下部保雄 2ページ目

試乗レポート 2010/2/10 17:33

フォルクスワーゲン ゴルフR 試乗レポート/日下部保雄(2/2)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 日下部 保雄 Photo: 柳田由人
フォルクスワーゲン ゴルフR 試乗レポート/日下部保雄

ゴルフRは正に「スポーツ万能な優等生」

ゴルフR
ゴルフRゴルフR

さて、ゴルフ6のデザインは横長グリルとそれに繋がるヘッドランプの滑らかな面のために、かなりスポーティで安定感の高いものになっているが、Rはそれをさらに進化させている。

一見したところ、「派手さはないがどこか違う」と言う玄人好みのエクステリアに仕上げられているのはVWらしいところだ。

インテリアは、オプションで用意される深いバケットシートに潜り込むようにして座ると、そこにはいつものゴルフとはちょっと違ったスパルタンな雰囲気がある。

パドルシフトぐらいは当たり前すぎて特筆すべきものではないが、Rのパフォーマンスになるとパドルにした時の変速の速さや容易性のありがたみを一層感じる。例によってブルーのメーター照明もクールで好感が持てる。

ちなみにDCCはコンフォート、ノーマル、スポーツでダンパーの硬さなどを変えられるがスポーツにすると俄然ハンドルの応答性が良くなり、ロールも相当に抑制されるのでワインディングロードなどはミズスマシのように走れ、かといってコンフォートにしたところでゴルフRの俊敏性を損なうものではない。

ハンドルの切り返しでロール収束がちょっと遅れるが、それでも素早くかつ快適なことには間違いない。

ゴルフR

さて、2,575mmのホイールベースを持つゴルフRの重量は1,530kg。馬力荷重は6kg/psに満たない5.98kg/psとかなり小さい値だ。

これで、小気味よく走らないわけがない。もともとゴルフのボディ剛性は高く、4モーションの効果もあって、かなりコーナリンググリップは高い。どこが限界かわからないほどだ。

それでも不安感と言うよりは、ドライバーはクルマとの一体感を強く感じることができる。これだけでも凄い性能だ。それにしても、ゴルフRは本来持っているFFとしての完成度の高さに加え、4モーションをサラリとクルマに溶け込ませているのは舌を巻く。

ゴルフはもともとの着座姿勢が高くて若干上から見下ろす感があるが、これはこれで視界の確保につながり、不安材料にはならない。エンジンは分厚いトルクを低回転からひねり出しており、4つのタイヤに正確に駆動力を分配している。

シングルターボだが、レスポンスも良く気持ちよく回転が上がっていく様は、ゴルフRに乗ったときのもう一つの喜びだ。エンジンと車体のバランスも優れており、ゴルフRはスポーツ万能な優等生のように見える。

ゴルフRは500万を超えたプライスタッグがぶら下がっているが、実際の性能や装備から見ればお買い得感のある値付けがされているといったところだろう。

ゴルフRゴルフRゴルフRゴルフRゴルフR

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円